ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

老人ホームのセラピードッグ 「心のオアシスに」の夢を抱く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 雑木林に囲まれた『社会福祉法人・浴風会』。その一角に、くろ太郎が働く特別養護老人ホーム『第三南陽園』がある。

「もともとぼくは飼い主がいない犬でした。ある専門学校のペットビジネス科にお世話になって、その後ここに来たんです」

 くろ太郎が、チワワのピーターと一緒に、老人ホームで過ごす人たちの心や体のリハビリを目的とした“セラピードッグ”として第三南陽園にやって来たのは、平成19年秋のこと。

「最初はなにがなんだかわからなくて、けっこう吠えちゃいました。そしたら園長さんが『落ち着くまで園長室で過ごしたらいいよ』って」

 今では園の2階ホールがくろ太郎の居場所。犬小屋の前を通るおじいちゃん、おばあちゃんが、「くろ、元気か?」と声をかけると尻尾をふって応える。

「みなさんに愛されてすごく幸せ。でも、ときにはつらいこともあるんだよね…」

 そう、くろ太郎にはこの仕事だからこそのつらさがある。大好きだったかたが数年前に亡くなってしまったのだ。仕方のないこととはいえ、彼が立ち直るまでしばらく時間がかかったという。

「だけど、悲しい別れがあれば新しい出会いもあるんだ!」

 現在はWさんがくろ太郎の“最愛の人”。「懐かれすぎて困るよ」とWさんは言うが、その表情はとても嬉しそうだ。そこにいるだけで、くろ太郎の癒しパワーが利用者の皆さんを幸せな気持ちへ導いているのである。

<くろ太郎のプロフィール>
名前:くろ太郎
年齢:10才(推定)
種類:犬(ミニチュアダックスフント)
勤務先:特別養護老人ホーム 第三南陽園
職種:セラピードッグ
主な仕事内容:利用者さまの心と体を健やかに保つお手伝い。
お給料: 1日に5~6回のお散歩。ときどきもらえるオヤツ。
好きなこと: お散歩
嫌いなこと:誰も顔を見に来てくれない時間。
現在の悩み:ときどきうっかり吠えちゃうこと。
将来の夢:おじいちゃん、おばあちゃんたちの心のオアシスになる!

※女性セブン2015年6月11日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
事実婚カップル 有料老人ホームで同じ部屋に入れぬ場合多い
老人ホームで飼うペット 飼い主が先に死んだ場合どうなるか
老人ホームへの期待No.1は「食事」85% だが「満足」は18%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。