ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ショートショートの神様」星新一の孫弟子が紡ぐ18の物語

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『家族スクランブル』田丸雅智/小学館/1404円

【評者】末國善己(文芸評論家)

 ショートショートは、斬新なアイディアと予測もつかない結末を、原稿用紙20枚くらいの短い分量で描くジャンルで、星新一、都筑道夫、筒井康隆、阿刀田高といった有名な作家も得意としていた。

 昨年、初の単行本『夢巻』と第2作品集『海色の壜』を立て続けに刊行した田丸雅智は、ショートショートの若き新星として注目を集めている。そんな著者の最新作は、家族を題材にした18編を収録している。

 ふくらませるとカエルの鳴き声がするガムで父子が交流する「カエルガム」は心温まる話。分身が作れる石鹸で妻が積極的な人格と慎重な人格に分裂、夫が合計3人の妻と暮らし始める「白妻、黒妻」はブラックユーモア。少年時代のノスタルジックな思い出が、宇宙の秘密と繋がる壮大さが光る「惑星釣り」。老人が、亡き妻にそっくりな金魚に夢中になる「おいらんちゅう」が幻想小説になっているなど、収録作はファンタスティックな物語にバラエティー豊かな味つけがなされているので、必ず好みの作品が見つかるのではないか。

 本書の収録作は、珠玉と呼ぶに相応しい傑作ばかり。ただ、その中でも、渋ガキを干して甘くするのではなく、違うガキを干す「干ガキ」、たんすに入れたまま着ない服の意味ではなく、文字通りこやしが必要なたんすが出てくる「箪笥のこやし」、吸血鬼ならぬ、血で育つ木が登場し、ラスト1行にゾッとさせられるホラー「吸血木」など、一種の言葉遊びの中に奇想天外なアイディアを詰め込んだ作品は、特に完成度が高い。

 日常とは別の不思議な世界を描きながら、どこか懐かしく温かい物語には、魅了されてしまうだろう。

※女性セブン2015年6月11日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
星新一の入手困難なショートショート50編以上を集めた文庫本
死んで腐った兄が帰ってくる話など怪奇幻想物語60編収録の書
早乙女太一ディナーショー(3万~3万2000円)に問い合わせ殺到

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP