ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Computex 2015 : ASUS、自撮りに特化した新型スマートフォン「ZenFone Selfie」を発表、前面にフラッシュやレーザーAF、1,300万画素カメラを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUS が台湾で 6 月 1 日に行った “Zensation” カンファレンスでフロントカメラのスペックが高い新型Androidスマートフォン「ZenFone Selfie」を発表しました。ZenFone Selfie は、ZenFone 2 ZE551ML と同じ 5.5 インチ 1,920 × 1,080 ピクセルの IPS 液晶を搭載した LTE 対応スマートフォン。Android 5.0(Lollipop)を搭載して発売されます。ZenFone 2 とは違って、ZenFone Selfie ではプロセッサに Snapdragon 615 1.7GHz オクタコア(第 2 世代)を採用。LTE Category 4 のデータ通信に対応しています。この機種では主に、自撮りを頻繁に行う方が自分や仲間との写真・動画をより綺麗に撮影できるよう、フロントカメラのハードウェアスペックと機能性を強化しています。その点が大きな特徴だと言えます。フロントカメラは 1,300 万画素(1/3.2 型イメージセンサー、F2.2・24mm レンズ、レーザー AF)を搭載しており、フロントカメラでの HDR 撮影や美顔エフェクトをリアルタイムに適用することも可能となっています。また、Zenmotion には画面に「S」と描くとフロントカメラが起動する新ジェスチャーが追加。機能も強化しています。背面には、1,300 万画素(1/3.2 型イメージセンサー、F2.0・28mm レンズ、レーザー AF)を搭載しています。ちなみに、イメージセンサーは前後ともに東芝製です。カラバリは、Pure white、chic pink、aqua blue、osmium black、sheer gold、glacier gray、glamor red など豊富に取り揃えています。他のスペックは公開されしだい追記します。Source : ASUS


(juggly.cn)記事関連リンク
Computex 2015 : ASUS、ZenPad 7 / 8を正式発表、Intel “SoFIA“プロセッサを搭載したモデルや4:3ディスプレイ・USB Type-Cを採用したモデルなどをラインアップ
KDDI、「AQUOS SERIE SHV32」と「HTC J Butterfly HTV31」を6月5日に発売
Computex 2015 : Acer、新型Androidタブレット「Iconia One 7(B1-760HD)」と「Iconia One 8(B1-830)」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP