ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Mr.Children、ニューアルバム収録曲が細田守の最新映画主題歌に起用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Mr.Childrenのニューアルバムに収録されている楽曲「Starting Over」が細田守監督の映画『バケモノの子』の主題歌に起用された。

06年の『時をかける少女』、09年の『サマーウォーズ』、そして12年の『おおかみこどもの雨と雪』と、手掛けた作品すべてが傑作として評価され、国内外の映画賞を席巻し、今や世界で最も注目を集めるアニメーション映画監督となった細田守。 彼の最新作で、今年度最注目作品でもある『バケモノの子』は、バケモノと少年の奇妙な師弟関係を軸に、バケモノたちの棲む異世界「渋天街(じゅうてんがい)」での修行と冒険、リアルな渋谷を舞台にした壮大なアクション、そして親子の絆やヒロインとの 淡い恋愛など、あらゆる世代が共感できるエンターテインメントのすべてが詰まった《新冒険活劇》だ。

映画製作陣は、すべての世代が楽しめる夏休みの国民映画を目指す中で、主題歌を日本を代表するアーティストであるMr. Children に依頼。打合せを重ねる中で、6月4日(木)に発売となるMr. Childrenのニューアルバム『REFLECTION』に収録される「Starting Over」を細田守監督が聴いたところ、歌詞・楽曲共に『バケモノの子』の世界観を表現していると絶賛。本作の主題歌となることが決定した。

声優キャストには、役所広司、宮﨑おあい、染谷将太、広瀬すず、津川雅彦、リリー・フランキー、そして大泉洋と、錚々たる顔ぶれが集結。豪華な声優陣に負けない豪華なアーティストの参加に、本作への期待がさらに高まる。

(c)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

【各関係者よりコメント】
■Mr. Children 桜井和寿
凄い映画を観てしまった。
1人の父親として、それから試行錯誤を繰り返す作家のハシクレとして、込み上げてくる感情に胸が苦しくなった。 この素晴らしい作品に、微力でも携われることに大きな誇りを感じています。

■アニメーション映画監督 細田守
Mr.Children さんと映画『バケモノの子』がコラボレーションできることを、大変光栄に思います。映画『バケモノの子』は、ひとりぼっちの少年の成長譚であり、主題歌「Starting Over」は、少年が思春期の戸惑いを打ち破る、戦いの唄です。タイトルの「新たな出発」という意味を噛み締めて、どうぞ聴いてみてください。

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
Mr.Children オフィシャルHP
ウカスカジー、「MIFA Football Park」1周年イベントにて2015年初のライブを開催

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP