ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テーブルに置いておくだけ!光の照射でスマホを充電する画期的なMicrosoftのシステム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンやタブレットなどの電子デバイスを多用しているなら、毎日の充電は欠かせない。

ワイヤレスチャージパッドタイプの充電器は、見た目もスマートで便利だが、決まった定位置にデバイスを配置しないと、うまく充電が作動しないなど、やはり制約はある。

・光の照射で充電するシステム、Microsoftが開発中

もっと充電を自由にしようと、中国のMicrosoft ResearchのYunxin Liu氏、Zhen Qin氏、Chunshui Zhao氏らの研究チームが取り組んでいるのが、「AutoCharge」というシステム。

ユーザーのやることは、ただテーブルなどにデバイスを置いておくだけ。光を照射し、それによって自動で充電をおこなうという、画期的な充電方式だ。

・カメラでオブジェクトをスキャン

このシステムでは、Kinectのようなカメラを活用し、テーブルの頭上側に設置しておく。物体認識のソフトウェアが、テーブルの上に置かれているものをスキャンをし、スマートフォンのような形状かどうかを判別する。

もし、該当のオブジェクトが検知されれば、1秒とかからずに、その対象物に向かって光の照射が開始される。

カメラや光の位置は調節することができるので、置かれたオブジェクトに対し、もっとも適した角度から効率的に照射をすることが可能だ。

・受けた光で電力を発生させ、バッテリー充電

充電したいスマートフォンの方には、光電池パネルを搭載しておく。継続的に照射される光を受けると電力が発生し、この電力によってスマートフォンのバッテリーを充電するという流れ。

研究チームによると、スマートフォンサイズの太陽電池パネルで、普通の充電ケーブルでチャージするのと、ほぼ同じスピードで充電ができるという。

・LEDライトが充電状態をお知らせ

太陽電池パネルにはマイクロコントローラーとLEDインジケーターが搭載されている。光の照射を受けると、LEDライトが一定のパターンで明滅を開始し、充電の状態を知らせる。

カメラがこの明滅パターンを検知したときのみ、そのまま充電が継続される。フル充電状態になると、異なる明滅パターンに変化するので、それを認識した時点で「AutoCharge」は充電を終了。いつまでも無駄な充電を続けてしまう、という事態を回避できるのだ。

・現在はプロトタイプの段階

現時点では、プロトタイプの開発段階にあり、まだまだ製品化するのには時間がかかる見込み。とはいえ、テーブルに置いておくだけで、勝手に充電ができるという手軽さ、1度に複数のデバイスを充電できるメリットなど、さまざまな可能性が広がりそうだ。

AutoCharge

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP