ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

及川光博デビュー20周年、熱くダンディーなステージに2000人のベイベー&男子諸君が熱狂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月27日に20周年記念ベストアルバム「20-TWENTY-」をリリースした及川光博。29日に遂にデビュー20周年を迎え、周年後としては初となる公演が千葉・舞浜アンフィシアターで30日、31日行われた。ミッチーの美しき世界を存分に楽しませてくれる内容に全国から駆け付けたファン(ベイベー&男子諸君)の熱い祝福の歓声に包まれた。

4月からスタートした全国ツアー「光博(こうはく)歌合戦」(全20公演)は20年分のオリジナル楽曲170曲から、毎公演異なるセットリストで彩る演出で、各会場に大反響を巻き起こしており、なかでも今回の舞浜アンフィシアターは「シルクドソレイユの常設会場であった同会場の機能を、余すところなく取り入れ特別にショーアップされた特別公演」ということで全国からミッチーファンが駆け付けた。

ショーは序盤から大盛り上だったが、中でも今年2月にリリースしたシングル曲「ダンディ・ダンディ」をダンサー6名と踊りまくり歌いまくり、「CRAZY A GO GO !!」では最前列のファンと触れ合う距離で円形のステージを縦横無尽に動くミッチーの姿にファン(ベイベー&男子諸君)のボルテージも最高潮に。

休憩を挟んでの恒例のトークコーナー「愛と哲学の小部屋」では20周年を迎えても変わらないミッチーの軽快なトークを堪能。ファンクラブの投票をもとに選曲したベストアルバムの「ランキングは一生発表しません、そしてこの先5年~10年はベストアルバムは出さないかな」と宣言。

そしてショーは終盤になり「今夜、桃色クラブで。」そして「死んでもいい’98」で会場の熱気は再びピークに。そしてキャノン砲が炸裂して、20周年を祝福するテープに会場全体が包まれた。

ツアーメンバーとの息の合ったショーの中にも特別公演ならではの円形ステージの演出を余すことなく盛り込んだミッチーの美しきワンマンショー。ツアーはこれから後半戦に突入する。まだ俳優とは異なる及川光博の豊かな表現力、そして歌い踊る熱いパフォーマンスを体感してない方はぜひとも会場に足んでみよう。

イベント詳細
及川光博ワンマンショーツアー2015「光博歌合戦(こうはくうたがっせん)」
4月3日(金)埼玉 三郷市文化会館・大ホール
4月11日(土)静岡市民文化会館・大ホール
4月18日(土)埼玉 大宮ソニックシティ・大ホール
4月19日(日)オリンパスホール八王子
4月29日(水・祝)神戸国際会館こくさいホール
5月9日(土)愛知県芸術劇場・大ホール
5月10日(日)愛知県芸術劇場・大ホール
5月23日(土)岡山市民会館
5月24日(日)香川 アルファあなぶきホール(香川県県民ホール)
5月30日(土)千葉 舞浜アンフィシアター (特別公演)
5月31日(日)千葉 舞浜アンフィシアター (特別公演)
6月6日(土)栃木県総合文化センター・メインホール
6月7日(日)仙台イズミティ21・大ホール
6月13日(土)新潟テルサ
6月14日(日)石川 本多の森ホール
6月20日(土)わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
6月27日(土)大阪 オリックス劇場
6月28日(日)大阪 オリックス劇場
7月3日(金)福岡市民会館
7月5日(日)NHK ホール

関連リンク

及川光博 オフィシャルサイトhttp://www.oikawa-mitsuhiro.com/
及川光博 レーベルサイトhttp://jvcmusic.co.jp/mitchy/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP