ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『関ジャム 完全燃SHOW』、工藤静香&渋谷すばるがバブル・ファッションを試着、秦基博は「ムカついた時にニヤっとする」?!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世代の違う2組のアーティストをゲストに迎え、関ジャニ∞と一夜限りのジャムLIVEとスタジオトークを繰り広げるテレビ朝日の音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』の第4回目が5月31日に放送。スタジオゲストに工藤静香、秦基博が出演した。

 スタジオトークではバブル全盛期である80年代後半に、音楽のみならずファッションにおいても若い女性に影響を与えた工藤静香とともに当時のバブル・ファッションを検証。肩パッドの入ったジャケットを久しぶりに着用した工藤は「めちゃめちゃ懐かしい!」とまんざらでもない様子で、同じく当時のジャケットを羽織った渋谷すばると腕を組む一幕も。さらに、リアルタイム世代は誰もがマネしたヒット曲「嵐の素顔」の振り付けを担当した伝説の振り付け師にインタビューを敢行。当時、流行していた“タット”というダンスにヒントを得たもので、最初はこのダンスに怪訝そうな顔をしていた工藤を説得したという当時の秘話も明かされた。

 また、秦基博と小・中学校の同級生だというジョイマン高木が「ラッパー」と称してVTRで登場し、秦が相方の池谷を高木と引き合わせたことが、ジョイマン誕生のきっかけになったと告白。さらに学生時代に披露した恥ずかしいお笑いネタや「ムカついた時にニヤっとする」という“秦基博あるある”も明かした。

 関ジャニ∞のメンバーをバンドに従えてのジャムLIVEでは、工藤静香が『抱いてくれたらいいのに』(1988年)~『嵐の素顔』(1989年)をメドレーで、秦基博は同局の人気アニメ『ドラえもん』の劇場版主題歌として大ヒットを記録した「ひまわりの約束」を披露。さらに、全員で工藤のお気に入りの名曲、中島みゆきの「時代」(1975年)のスペシャルセッションも。エンディングには、関ジャニ∞の新曲「強く 強く 強く」のパフォーマンスもオンエアされた。

 次回『関ジャム 完全燃SHOW』は6月7日オンエア予定。ゲストに渡辺美里とSuperflyを迎え、関ジャニメンバーとセッションを繰り広げる。

◎番組情報
テレビ朝日『 関ジャム 完全燃SHOW』
毎週日曜23:15~
※一部地域を除く

関連記事リンク(外部サイト)

横山裕、13年ぶりの舞台への意気込みを語る プロポーズは「いずれそういう時がくればいい」
Superfly 初の関西フリーライブに約1万5千人集結「たまには東京を飛び出してみようと大阪に来てみました!」
今週の注目曲:UNISON SQUARE GARDEN/MACO/シンリズム ビルボードチャートより要注目の3曲をご紹介

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP