ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロン・セクスミス、マニアックな“自宅カバー”映像が密かな話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月にニューアルバム『カルーセル・ワン』をリリースしたロン・セクスミスが、自宅でビートルズ、ブルース・スプリングスティーンなどの楽曲を自宅でパフォーマンスする映像を立て続けに公開し、密かな話題を呼んでいる。

 映像は“Rawnboy”のアカウント名で今年1月からYouTube上に不定期に投稿されており、ロンが自宅のキッチンやリビング、自分の部屋などでアコースティックギターを手に様々なジャンルの名曲やマニアックなナンバーをパフォーマンスしている様子が収められている。

 5月に投稿されたのは、ビートルズ「マザー・ネイチャーズ・サン」、ブルース・スプリングスティーン「グローイング・アップ」や、バート・バカラック=ハル・デイヴィット作、ディオンヌ・ワーウィックの名盤より「ザ・ウィンドウズ・オブ・ザ・ワールド(世界の窓に光を)」、レゲエ界の“伝説”、ジミー・クリフ「ユー・キャン・ゲット・イット」など。ロンは現在、新作をひっさげたツアー中で、北米、スペイン、イギリス、オランダ、ドイツにて、6月~7月初旬にかけて公演が組まれている。

◎パフォーマンス映像
https://www.youtube.com/user/Rawnboy

◎「Can’t Get My Act Together」 (Official Lyric Video)
https://youtu.be/hfS5Ar92ZIg

◎リリース情報
『カルーセル・ワン』
ロン・セクスミス
2015/03/25 RELEASE
2,592円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

■RON SEXSMITH■ ドキュメンタリー映画『LOVE SHINES』公開
北米ツアー中のストーンズ、ロン・ウッドが68歳、チャーリーは74歳に
ふかわりょう、オブ・モンスターズ・アンド・メン新作アルバムのライナーノーツを執筆

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP