体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【検証】縁の下の力持ち! 「ニコニコ超会議2015」で人間Wi-Fiに突撃レポート

こんにちは。ライターのカツセマサヒコです。(写真左)

先日、幕張メッセにて「ニコニコ超会議2015」というイベントがあったことをご存知でしょうか? 2日間で会場来場者は15万人以上、ネット来場者数は794万人を超えたという、ネット好きなら名前くらいは知っているであろう一大イベントです。

このイベントにauは協賛企業として参加しており、「超プロレスリング」を全面的にサポートすると同時に「車載基地局」と「人間Wi-Fi」を投入して、エリア対策を行っているんだそうです。

■「人間Wi-Fi」とは?

ちなみに人間Wi-Fiとは、小型のWi-Fiアクセスポイントの入ったリュックサックを背負ったスタッフを会場内に配置することで、イベント会場内のWi-Fi環境を人力で強化するという超ハイテクかつアナログなシステムの名前です。

毎年、この「人間Wi-Fi」のスタッフはイベントと連動したコスプレをするのですが、これが来場者にも好評なのだそうです。昨年は古代生物であるダイオウグソクムシとコラボした企画が話題を呼んだみたいだし、写真をいっぱい撮られたりもするらしい。

4月26日(日)「ニコニコ超会議2015」の2日目

こちらはイベントの当日、期待に胸が膨らんでいる僕の様子です。
取材日はとにかく快晴でした。

入場ゲート前には、auがサポートした「超プロレスリング」と「au Wi-Fiスポット」
の看板がデカデカと飾られていました。さすがau、規模が違う!

プレス用の受付カードをもらって、いざ入場です。

会場に入ると、すでにすごい人の数!

まずはこのなかから「車載基地局」というのを探すことになりました。auの車載基地局といえば、毎年ド派手なデコレーションが話題ですからね。今年もそのラッピングされた車載基地局を見に行くことにします。

巨大ロボットやコスプレお姉さんを横目に幕張メッセを歩き回り、車載基地局に到着。今回はどんなデコレーションがされているのでしょうか……!

これか。ふむ。

レスラー? 左下に描かれているのは?

スタッフさんに聞いてみたところ、今回のラッピングのテーマはauがサポートする「超プロレスリング」にちなんでDDT(Dramatic Dream Team)というプロレス団体だそうです。今回の「超プレスリング」にはDDTをはじめ、数多くのプロレスラーが参戦するとのこと。

そもそも、最近はプロレスが若い女性の間で大ブームらしいですね。「プ女子(プロレス好きの女子)」という言葉まで流行しているそうです。

試しに「プ女子」でツイート検索してみたら、女性アカウントがイケメンレスラーへの想いを悶絶する勢いでツイートしていて、世界はどこまでも広がっているのだなって思いました。

運転席にはこんなマネキンが座っていたんですが、
彼(?)も「ヨシヒコ」という名前の人気レスラーなのだそうです。
どうやってこれで試合してるんだろう……。

とりあえず屋内の車載基地局の見学を終えて、さらにロケは進みます。

今度は屋外の基地局に来ました。
こちらでは4G LTEの電波を強化しているのだそうです!

当日の人間Wi-Fi衣装を着てみました。

着替えたところで、ちょうど人間Wi-Fi隊の現場責任者の方がいたので、話を聞いてみることにしました。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。