体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画館で配られた「飲めない」ミネラルウォーター。その深いメッセージとは・・・

watertheater

カリフォルニア州ロサンゼルスの映画館で、ミネラルウォーターを使ったあるドッキリが仕掛けられました。

スクリーンショット 2015-06-01 4.09.40

満席の館内、スタッフがミネラルウォーターを無料で配りはじめます。「気が利くサービス?」観客たちは、ペットボトルを受け取ります。

スクリーンショット 2015-06-01 4.12.06 スクリーンショット 2015-06-01 4.13.15

ところが、「あれ…?」このペットボトル、いくらキャップをひねっても開けることができません。

スクリーンショット 2015-06-01 4.14.05

連れの恋人もお隣さんも、みんな開けようとキャップをひねってはみるものの、誰ひとりとしてミネラルウォーターを口にできないんです。次第にざわつきはじめる館内。

スクリーンショット 2015-06-01 4.15.25

すると、館内が暗転、映画が始まりました。スクリーンに目をやる観客にこんなメッセージが映し出されました。

スクリーンショット 2015-06-01 4.16.03

水を飲もうと思ったのに、開かなくてイライラされた方々へ。この子たちが、どう感じるかを想像してみてください

スクリーンショット 2015-06-01 4.17.16
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。