ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肝がんの罹患率 山梨県と西日本で全国比1.2倍以上多い背景

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年3月、国立がん研究センターはがんの罹患状況を地域別に初めて公表。分析した同センターの担当者は「日本はアメリカなどの他民族国家ほど地域性や人種の違いはないはずなのに、思った以上に地域差が見られた」と語る。さらにがんの種類によっても地域差があるという。

 最も地域差が顕著なのは肝がんだ。男女とも山梨県と近畿以西の西日本で全国比1.2倍以上という多さだった。それらは、肝がんのリスクを高める肝炎ウイルスの感染者が多い地域と重なるという。

「肝炎ウイルスの感染ルートとしては過去における注射針の使い回しや薬害肝炎などが考えられます。

 また、山梨県はかつて、肝臓の門脈(血管)に寄生する住血吸虫による地方病が流行した歴史がある。肝がん患者が多いとわかった地域では、まず肝炎ウイルスに感染していないかどうかを検査し、もし感染していたら、進行を抑える治療を始めるなどが必要です」(国立がん研究センター・がん統計研究部「地域がん登録室」・松田智大室長)

※SAPIO2015年6月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高リスクで肝癌に進展する「非アルコール性脂肪肝炎」とは
「肝がん」原因90%のウイルス性肝炎 40人に1人が感染
年間3万人が死ぬ肝がん 遺伝子により発症リスクに2倍の差

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。