ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Snapdragon 808を搭載した画面比15:9の4.7インチスマートフォン「SM-G9198」を開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung の未発表端末「SM-G9198」が、GFX Bench の公式サイトに登場しました。同サイトによると、この機種は Android 5.1.1(Lollipop)、4.6 インチ 1,280 x 768 ピクセルのディスプレイ、Qualcomm Smapdragon 808 1.8GHz ヘキサコアプロセッサ(Adreno 418 GPU)、1.7 GB RAM、11 GB ROM、背面に 1,500 万画素カメラ、前年に 470 万画素カメラを搭載しています。SM-G9198 に関する情報が出てくるのは今回が初めてなのです。特に、15:9 という既存のスマートフォンの中では Nexus 4 や Meizu スマートフォンくらいでしか目にしない画面比を採用しているところが注目です。また、Snapdragon 808 を搭載しており、コンパクトながらも、高いスペックであることから、一部では「Galaxy S6 Mini」とも噂されています。前作「Galaxu S5 Mini」は 7 月初旬に発表されたので、SM-G9198 が Galaxy S6 Mini となるのであれば、同時期に発表されると予想されます。Source : GFX Bench


(juggly.cn)記事関連リンク
恵安、13.3インチ大画面ディスプレイを搭載した新型Androidタブレット「M1316S」を発売
Android Mでシェアメニューがアイコンメインのグリッド形式に変わる
Android M デベロッパープレビュー版はOTA形式でアップデートされる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。