体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メンタルを強くするための「13の方法」

shutterstock_203505319 copy

それがどんなジャンルであれ成功している人は、メンタルが強い。ビジネスでもスポーツでも、才能云々よりも「何としてでも成功させたい!」という強い意思がなければ、成功は見込めない。

国内でも多くのメディアで、強いメンタルを手に入れるメソッドが紹介されているが、ここで紹介するのは、海外メディアLifehackによる「メンタルが強い人の特徴」という記事だ。
例えば、1番初めの項目に「自分を哀れむな!」なんて内容がくるところが、いかにも英語メディアらしくて興味深い。国内メディアとはひと味違ったハウツーをどうぞ!

 01.
絶対に自分を哀れんだりしない!

get strong mental

どんな状況であっても、自分自身を哀れんだり、周囲の人間のせいにすることはない。人生は山あり谷あり。それを解決していくのは自分であることを十分理解している。

02.
他人にコントロールされない

強いメンタルの持ち主はは、誰からもコントロールされることはない。相手がたとえ会社の上司であっても、だ。自分のことは、自分で決める。

03.
あらゆる変化に物怖じしない

物怖じしないだけでなく、変化に自ら順応していこうと、ポジティブに受け止めることができる。人生において変化は避けられないもので、自分がそれにしっかりと適応できることを把握している。

04.
「どうにもならないこと」に
無駄な労力を使わない

get strong mental

メンタルの強い人は、スーツケースのロストバゲージや交通渋滞に文句を言うことはない。時には「どうにもならないこと」があり、そんなときは、自身の態度や言動くらいしか操れることはないということをよく理解している。無駄な労力を使うより、自分の人生の舵をとることに重点を置く。

  05.
無理に他人を満足させようと思わない

周囲の人々を常に満足させる必要はないと考え、時には相手に「NO」とはっきり伝えることも恐れない。親切で平等に接しようと努力はするが、不満があれば誰かを怒らすことだってある。

06.
リスクを恐れない

get strong mental

メンタルの強い人は、よほど無謀だったり馬鹿げていることでなければ、リスクを負うことは一向に構わない。ただし、「本当にリスクを負うほどの価値はあるのか?」と、メリット・デメリットの両点からじっくり考え、慎重に決断することにはぬかりがない。

07.
過去にとらわれない

「あの時こうしていれば、今ごろはどうなっているのか?」なんてことは考えない。過去は自らが学ぶためのもの。大切なのは、今現在、そして未来へのプランなのである。

08.
同じ過ちを繰り返さない

強いメンタルを持つ人は、過去の過ちを自らの責任と捉えているので、同じミスを何度も繰り返すことはない。それどころか、過去の経験から、次はもっと良い判断ができるようにと、日々成長していく。

09.
他人を羨まない

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy