ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワシントン条約で絶滅危惧種のパンダが日本の動物園にいる訳

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 動物の値段は、生息数、入手の難易度、輸送の手間などによって決まる。中でも別格のお値段を誇るのがパンダだ。その仕入れ値は、オスとメスがセットで8億円以上(レンタル/10年契約の場合)。その意味を動物輸入卸商の白輪剛史氏が解説する。

「ワシントン条約で最も絶滅危惧のレベルが高い〈今すでに絶滅する危険性がある生き物〉に分類されている動物は、商業目的の国際取引が禁止されています。それに該当するジャイアントパンダは“ボランティア”の親善大使として中国からやってきます。ただし無償ではなく、パンダ保護資金として中国野生動物保護協会に寄付が必要です。1年あたり2頭で100万ドルほどが相場です」

 ワシントン条約は正式名称を「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」といい、乱獲から動物たちを守るために取引を規制する条約だ。

 動物園にいる動物では他にも、ヨウスコウワニ、ベンガルトラ、ニシゴリラ、アフリカゾウ、アジアゾウ、インドライオン、クロサイ、アイアイ、タンチョウなどが〈今すでに絶滅する危険性がある生き物〉に該当する。

「それらも保護や学術目的で輸入され展示されますが、動物自体にはお金を支払わず、あくまで生息地での繁殖を進めるための『保護費用』などの名目で支払われます」(白輪氏)

※週刊ポスト2015年6月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国 レッサーパンダを食用にし、漢方にカバの牙などを輸入
中国当局 希少動物の動物捕獲・売買に苦慮している
動物園の動物の仕入れ値 ゴリラは8000万円でコアラは無料

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP