ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1年26kg減女性のレシピ チーズや生クリームOKで味は薄め

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1年間で26kgのダイエットに成功(73kg→47kg)した料理研究家の柳澤英子さん(55才)のレシピには、野菜のほか、肉や魚、豆腐や厚揚げなどの豆製品といったたんぱく質が多用されている。チーズや生クリームもOKで、コク出しによく使うという。

「肉は赤身がおすすめ。私は牛のヒレ肉やラム肉をよく食べます。赤身には脂肪燃焼を促すL-カルニチンが豊富に含まれているからです」

 また、忘れてはいけないのは、食べる量を減らしても、中高年女性にとって必要な栄養素をバランスよく摂ること。

「お米には雑穀を混ぜてビタミンやミネラル、食物繊維を加えて栄養価をアップしました。そのおかげか、やせても肌がたるむことなく、白髪もなし」

 確かに、ガツンとやせた人に多い皮膚のたるみが柳澤さんにはなく、見事な黒髪は染めていないというから驚きだ。

 おかずをたくさん食べるので、注意したいのは塩分の摂りすぎ。また、冷めるとヒトは塩分を強く感じる性質があるので、味つけは薄味がベストだ。

「基本的に塩・こしょうのシンプルな味つけがおすすめ。味に変化をつけるなら、スパイスやハーブをプラスするといいですね」

 冷蔵や冷凍をすると固くなったり、パサついてしまうと思いがちだが、心配は無用。

「植物性のオイルや煮汁の水分と一緒に保存するので、大丈夫なんです。冷凍の場合も、マリネ液に覆われているので、逆にしっとりとやわらかに仕上がりますよ」

 数日保存するので、容器や取り分ける箸は熱湯消毒やアルコール除菌剤などで清潔に。

「完全に冷ましてから冷蔵庫に入れた方が傷みにくいし、味もしっかりしみ込みます」

 何から何まで理にかなったダイエット術。これなら食べながらやせられそうだ。

※女性セブン2015年6月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
50代女性が運動せずに1年間で26kg痩せた「神レシピ」を紹介
瀬川瑛子 かつて「酢大豆ダイエット」で減量に成功していた
鈴木京香 体当たりベッドシーンのため“食べないダイエット”

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP