ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

約5,000匹の金魚の水中アート展「アートアクアリウム 2015」が今年も日本橋で開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 
日本橋が架橋100周年を迎えた2011年から開催され、艶やかで儚く美しい金魚アートが毎年話題になっている展覧会「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2015 〜江戸・金魚の涼〜&ナイトアクアリウム」が東京・日本橋三井ホールにて開催。期間は7月10日(金)〜9月23日(水・祝)まで。
 

巨大金魚鉢シリーズ「大奥」(過去の展示風景)

5周年を迎える今年はさらに新しさと驚きがある展覧会にパワーアップ。「アートアクアリウム展 金魚シリーズ」の真髄とも言える独自の“前例を見ない斬新な発想”のもと、照明や映像、音楽、香り等、最新演出を用いた新作を多数発表される。
展示される新作の巨大2作品は、日本特有の「襖(ふすま)」をモチーフとした3.6mもあるアクアリウムを最新映像技術・インタラクティブアートで投射される中、主役の金魚が泳ぐことで映像が変幻自在に変わり続ける襖絵のアート作品。美しくも切なく儚い花「蓮」をモチーフにした約4m四方のアクアリウムの中を金魚が舞う新作なども展示される。


襖をイメージした巨大作品 イメージCG

19時からは音楽や照明の演出が変わり、ドリンクを片手に楽しめるナイトアクアリウムにチェンジ。オリジナルの「金魚カクテル」などが用意され、週末は豪華アーティストのライブやDJによるパフォーマンスも行われる。さらに、京都・祇園の舞妓による「舞妓ナイト」や、昨秋の同展で大好評を博した“美しすぎる女形”荒城蘭太郎が華麗な舞を披露する「花魁ナイト」等も予定されている。


京都・祇園の舞妓による「舞妓ナイト」

開催回数を重ねるごとに展覧会を見る人々を魅了し続けている同シリーズを手掛けるのは、アートアクアリウムアーティストであり、アートアクアリウム展の総合プロデューサーである木村英智。江戸時代に金魚観賞が生活文化に根付いた土地である日本橋で、新たな形で金魚を現代の日本橋にアートとして蘇らせる。

毎年注目度の高い同展。美しい金魚アートをぜひ体感してみて。

《Information》

■ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム 2015 〜江戸・金魚の涼〜&ナイトアクアリウム
会場:日本橋三井ホール(東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町5F(エントランス4F)
開催期間:2015年7月10日(金)〜9月23日(水・祝)
開催時間:アートアクアリウム(11:00〜19:00)/ナイトアクアリウム(19:00〜23:30)
料金:当日料金 大人1,000円、子供(小学生以下)600円、3歳以下無料
主催:株式会社エイチアイディー・インターアクティカ
※土曜日・祝前日の19:00以降はスペシャルライブを開催予定
※22:00以降は未成年の入場不可
※入場料金変動なし、入替なし、飲み物の注文は任意
※一部入場できない日時があります。公式HPをご確認の上ご来場ください。

問い合わせ:TEL 03-3270-2550(開設期間7月9日〜9月23日 10:30〜20:00)

アートアクアリウム オフィシャルサイト
http://artaquarium.jp

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP