ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生田斗真主演・映画「予告犯」公開、ネット社会を震撼させる衝撃の結末…!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2011年から2013年8月まで「ジャンプ改」にて連載され、高度に情報化されたインターネット社会で巻きおこる戦慄のテロリズムが話題となった「予告犯」が映画化。6月6日(土)より全国東宝系にてロードショーされる。

突如ネット動画上に降臨し、警察や法律では罰を与えられない人間たちの罪を暴露、彼らへの制裁を“予告”のもとに実行していく、新聞紙製の頭巾で顔を隠した男・通称“シンブンシ”(生田斗真)と、“シンブンシ”を追うサイバー犯罪対策課のエリート警部・吉野(戸田恵梨香)の間で展開する、息もつかせぬスピード感に満ちた攻防を描く。監督は「白ゆき姫殺人事件」「ゴールデンスランバー」などを手掛けた中村義洋監督。

【ストーリー】
ある日、Tシャツ姿に、新聞紙製の頭巾を被った謎の男(生田斗真)がネットに奇妙な動画を投稿し始める。「明日の予告を教えてやる―。」集団食中毒を起こした上に、法律上の不備を指摘し開き直った食品加工会社に対し、「食い物の扱いも知らないこいつらに、俺がきっちり火を通してやる」と予告。
警視庁サイバー犯罪対策課に所属するキャリア捜査官・吉野絵里香(戸田恵梨香)は近年多発するサイバー犯罪の数々を取り締まっていた。謎の男による犯行予告動画の存在に関する報告を受けた吉野は謎の予告犯=“シンブンシ”の捜査に乗り出す。すると食品加工会社の工場が放火される事件が発生。予告動画が現実のものとなり、その後も予告動画の内容が実行されるという事件が多発する。“シンブンシ”はネット社会で炎上した無思慮な当事者たちに次々と制裁を下していく。模倣犯も出現、遂には政治家殺害予告にまで至り、“シンブンシ事件”は社会現象へと発展していく…果たして彼らの究極の目的とは? ネット社会を震撼させる衝撃の結末は!?

《Information》

■予告犯
公開日:2015年6月6日(土)全国東宝系にてロードショー
キャスト:生田斗真、戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々
監督:中村義洋
脚本:林民夫
原作:筒井哲也「予告犯」(集英社YJCジャンプ改)

(C)2015映画「予告犯」製作委員会
(C)筒井哲也/集英社

映画「予告犯」公式サイト
http://www.yokoku-han.jp

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP