ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Superfly、初の大阪でのフリーライブが大盛況!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Superflyが5月30日(土)に5thアルバム『WHITE』リリース記念のフリーライブを大阪城西の丸庭園で行った。

公演当日の天候は見事なほどの快晴、日中は31℃まで上がり夏日となった。一瞬、小雨がぱらついたが、自称「晴れ女」というだけに天候も万全。朝7:00の時点で、既に整理券を求める長蛇の列が。9時には、約1000人以上の人が並んでいた。10時から整理券の配布を開始。予定していた優先エリアの整理券3000枚は終了した。

そして13時になり、Free Liveを記念したグッズが販売されたが、30分で完売してしまったそう。まだ、お客さんが入場していない会場を歩いた志帆は、大阪城を見渡しながら、「すごく気持ち良い!!」とロケーションに大興奮。ステージから見る大阪城は見事な景色。

15時30分に開場し、順にお客さんが入場。会場には、ものすごいお客さんで埋め尽くされ、約1万5千人が集結した。SEが流れる前から拍手が巻き起こり、いつものSuperflyのSEが流れた瞬間、会場は大歓声。 そして「ザッザッ」という足音から始まる「White Light」からFree Liveがスタート。力強い歌声を聴かせた。そして「タマシイレボリューション」!!イントロからお客さんのボルテージはMAX。そして畳み掛けるように「Alright!!」。会場の1万5千人の手が挙がった。「いつもはFree Liveを東京でやってきましたが、今回は初の大阪!!たまには東京を飛び出してみようと大阪に来てみました!!」と志帆。「大阪―!大阪―!」と会場を温め、「Bi-Li-Li Emotion」。そして「マニフェスト」と続く。志帆のシャウトが響き渡った。そしてドラマ主題歌でも話題となり、昨年、シングルリリースもされている「愛をからだに吹き込んで」。「Oh Oh Oh Oh Oh…」と、会場の拳と歓声が一斉に挙がる。ものすごい光景だ。

「今回の作品は様々なアーティストに参加してもらった初の作品。なのでアルバム制作は初めてのことばかりで、大変ではあったんですけど、出来上がった時に自分自身が見えてきました。アルバムが完成して、自分をすごく肯定できるようになっていて、今はすごくポジティブな気持ちになっています!!そして、アルバム制作の最後に出来た楽曲を聴いてください…」とiTunesでも1位を記録している「Beautiful」をパフォーマンス。 鳴り止まない大きな拍手を受け、本人も感動していた。

8曲で本編は終了するが、大歓声のアンコールの中、再びSuperfly登場。 集まってくれた1万5千人に感謝の気持ちを伝え、“2015ABC夏の高校野球応援ソング” 「熱闘甲子園」のテーマソング”に決定した「On Your Side」を熱唱。しっとりと歌い上げ、会場のファンを魅了した。志帆の歌声に、大歓声が沸き起こった。ラストはアルバムにも収録されている「You You」。アンコール含め全10曲をパフォーマンスし、大成功の中、幕を閉じた。

【セットリスト】
01.White Light
02.タマシイレボリューション
03.Alright!!
04.愛をこめて花束を
05.Bi-Li-Li Emotion
06.マニフェスト
07.愛をからだに吹き込んで
08.Beautiful
En1.On Your Side
En2.You You

アルバム『WHITE』
2015年5月27日発売
【初回生産限定盤】(2CD)
WPCL-12089/90/¥3,600+税
※BOX仕様スペシャルパッケージ
【通常盤】(1CD)
WPCL-12091/¥3,000+税
<収録曲>
■CD1
01. White Light
02. Beautiful
03. 色を剥がして
04. On Your Side
05. A・HA・HA
06. Woman
07. 脱獄の季節
08. リビドーに告ぐ
09. 愛をからだに吹き込んで
10. Live
11. Space
12. 極彩色ハートビート
13. You You
14. いつか私は歌をうたう
■CD2 ※初回生産限定盤のみ
01. Blue ~こんな夜には踊れない(桑田佳祐)
02. Sweetest Music(竹内まりや)
03. 帰れない二人(井上陽水)
04. スローバラード【Live】(RCサクセション)※RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012のLIVE音源
05. 楽しい時-Fun Time(佐野元春)

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
Superfly オフィシャルHP
Superfly、2016年1月より過去最大規模アリーナツアーを発表

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP