ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

毎朝5分意識するだけで、人生が劇的にかわる「8つの質問」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人生は選択の連続。
待ったなしで毎日は過ぎてくから、振り返るとその時の決断が正しかったのか間違ってたのか…、それすらもごっちゃになる。疲れるし、エネルギーもいる。勇気もいるし情熱もなければいけない。

誰もがみんな、毎日小さなことと格闘して、変化しようと挑んでいる。人生を大きく変えるチャンスを掴もうと必死だ。もっと情熱的に人生を送るためには何が必要だろう?そうやって自分を日々問いただしていくことで、見えてくるものがきっとあるはず。
米ウェブメディア「Lifehack」の女性ライターLidiya K氏の「自分に問いかける8つの質問」から答えを探し出してみよう。

01.
それ、本気でやってる?

情熱的な人ほど輝いていて美しく見える。彼らの特徴は、「幸せ」や「優しさ」や「強い決意」が目の奥に内包されていること。情熱に従って生きる人たちは、満足感や歓びや直感を信じて人生を送るから、生きる歓びや時間を忘れて没頭できる。そうすることで、自ずと幸せになれる道を選択できるようになる。だから、常に問いただそう。「自分は今、本気だろうか?」。

02.
人生は誰のもの?

目的の無い行動は何の意味も持たない。自分の人生なら、「どうありたいか」をイメージしなくては。他人から言われた事をただこなしていくのではダメ。日々の仕事を機械的に繰り返しているだけでもダメ。なんでも人任せにするのはもちろんダメだ。率先して動くには、目的がハッキリしていなきゃいけない。今過ごしている人生は、誰のもの?

03.
いつまでビビってんの?

人生に失敗はつきもの。新しいことにチャレンジしないで、どうやって成長するつもり?チャレンジすることを諦めてしまっては、いつまで経っても自分を成長させることはできない。だからベストを尽くそう。いくら失敗したっていい、何度だって立ち上がればいいんだから。

04.
独りじゃないんだよ?

人生色んな場面がある。どんな時も自分は独りじゃないことを意識しよう。人と人はつながっている。自分一人が頑張ったところで出来ることは限られてるし、周りの誰かのことも考えて行動しなきゃいけない。見返りを期待せずに与えること。そして、困ったときは頼らなきゃ。

05.
最後にワクワクしたの
いつだっけ?

誰だって日々の習慣に馴れてくると、マンネリ感が知らずのうちに自分を支配していく。ワクワクしてないなら、何か間違った方向に進んでいる証拠かも知れない。目の前のことがつまらないなら、どうやったら面白くなるか、その方法を考えなきゃ。

06.
それ、ホントに必要?

すべてにおいて、方法は一つじゃない。何をするにしても近道を探す努力は大切。頑張ることは重要だけど、その頑張りが無駄に消費されてはいけない。時間をかけなくても出来るかも知れないし、労力も少なくて済むかも知れない。今やってること、ホントに必要だろうか?

07.
どうやったら、
もっと面白くなる?

人生は体験と感動の連続。世界を劇的に変えてくれるような感動、目の前が一気に開けるような衝撃。どちらもあなたの手によってたぐり寄せるもの。とにかく目の前のことに集中して取り組み、頭をひねって知恵を絞ろう。つまらないことが、もしかしたらとてつもなく面白いものになり得るかも知れないんだから。毎日どうやったら楽しみながら取り組めるかを考えることの方が、ずっと幸せな満足感を得ることが出来る。

08.
諦めるには、
まだ早くない?

人生で経験することって、良いことも悪いこともすべて自分のエネルギーに変換できる。歓びも愛情もすべて自分のチカラになる。どんな失敗でも挫折でも、その経験を糧にして前に進もう。もっと良くなるイメージを持とう。「自分は絶対こうなれる!」そう思って努力していくと、あなただけでなく周囲もいつからか「ホントになれちゃうかも」って、期待するようになる。

なりたい自分を意識すれば、恐怖や疑念や不安からも解放される。失敗なんか怖れずに、いいイメージだけを心に描いてどんどん挑もう。

幸せになるにも不幸になるにも、何を選ぶか次第で決まる。すべてはあなたの選択ひとつ。毎日、今の判断が正しいのか、問いただそう。あとはただ、前へ!

Licensed material used with permission by Lifehack

関連記事リンク(外部サイト)

オンナの魅力は内側から。大人の女性が絶対やらない「10のコト」
女性が本気で男性に求める「7つのポイント」。年収、ルックスは関係なかった・・・
人気女性ライターが断言。「美女」と「いい女」の決定的な違いとは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP