ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一度新車を買うとはまる「マツダ地獄」 最近は値引きも渋く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつてはマツダ車といえば、一度新車を買うと他社のディーラーでは下取りが激安なため、次もマツダ車を買うしかないという「マツダ地獄」で有名だった。

 そもそもの原因は鬼のような値引きにあるのだが、最近はデミオを始めとするクリーンディーゼル搭載車の人気上昇にともない、値引きが渋くなっている。
 
 不人気のミニバン、ビアンテなら50万円以上の値引きが狙えるが、デミオのディーゼルはオプションから5万円くらいの値引きが精一杯だ。

※週刊ポスト2015年6月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
24歳美女「窓を開けて風を感じたい」とドライブデートを夢想
【東京モーターショー】三菱の次世代エコカーとミニスカ美女
利益6倍返しのマツダ 目指すのは高級ブランドのアウディか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP