ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

左とんぺい 加藤茶や張本勲らが勢揃いし爆笑の喜寿祝い開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月16日、都内ホテル――。

 壇上に立ったのは、この日の主役で、昨年喜寿を迎えた左とん平(78才)。

「私、芸能界に20才のときに入ったんですけど、以来57年間ちゃんとご飯を食べられて、家も建てられました。これから、あと何年現役でできるかわかりませんが、あと3年後には80才。次は傘寿の会でお会いしましょう(笑い)」

 井上順が司会を務め、小柳ルミ子が『今さらジロー』を、あおい輝彦が『二人の世界』を熱唱し、コロッケ、栗田貫一、清水アキラがモノマネを披露。ザ・ドリフターズからは加藤茶、高木ブー、仲本工事が、スポーツ界からはラグビーの松尾雄治、競輪の中野浩一、プロ野球の張本勲、槙原寛己、水野雄仁らが駆けつけた「左とん平 喜寿お祝いパーティー」は爆笑に次ぐ爆笑の連続だった。

 とん平と親交のある会社社長が「とんちゃんは昔、いつもバクチで負けてばっかりで」と言えば、別の社長は「だからいつも金で苦労していた」と暴露する。

 これを聞いていた清水アキラは「あなた、人を心配させてばかりの人生だね」とチクリ。そのたびに会場にはあたたかい笑いが沸き起こった。

 森繁久彌や三木のり平に憧れて芸能界入り。以来、最後の喜劇人、名脇役として芸能界を生き抜いてきた。その一方で、三十数年前には賭博で3度も逮捕されたこともある。

「バクチはストレス解消なんだよね。もちろん80%はやられるよ。でも、負けてもストレスにならない。むしろ、負ければそれが働く意欲になるから。それにしても、今までどれぐらい負けたかな? 2億、いや3億…、イヤになっちゃうから考えるのはやめとこうか(笑い)」

取材・文■ノンフィクションライター・長谷川晶一

※女性セブン 2015年6月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ラグビー・松尾雄治 フェイントは左とん平の芝居の間が参考
芸能界に「麻薬逮捕者互助会」存在 逮捕後の方が売れる説も
芸能界を舞台に女性の再生を描く 中江有里の6年ぶり長編小説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP