ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新たな国「ニウエ」とは?世界最小レベルの島国を独り占め!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo Credit: 外務省

こんにちは。TRiPORTライター、赤崎えいかです。
2015年5月15日に日本の外務省がひとつの報道発表をしました。「ニウエを国家承認することを決定しました」というものです。これで日本が「国」として承認している数は195カ国になりました。

ニウエってどこにあるの?

ニウエとは南太平洋にある小さな孤立した島です。地図で見るとこのように、ニュージーランドの北東に位置しています。これを見るといかに小さいかがわかりますよね。一番近い隣国トンガとは500kmほども離れています。

世界最小レベルの島国

ニウエは国土面積が259㎢。島の一周が67キロ。これは国としては世界最小レベルの大きさです。島国のみに限るとベスト5に入る小ささになります。

Photo credit: ©David Kirkland 

魅力

ニウエの魅力は、なんといっても「手つかずの大自然」。まだ観光客も多くないので、隆起珊瑚で形成された島の荘厳な景色を独り占めすることができます。また海の美しさは言うまでもなく、シュノーケリングやスキューバ、季節によってはクジラやイルカを見るツアーなどもあります。島内では鍾乳洞などを楽しむことができますし、治安のよさは折り紙付きです。

Photo credit:© David Kirkland

行き方

現在のところ、航空便ではニュージーランドからしかニウエに入ることができません。また1週間に2便という状態なので、事前にある程度の計画をしておく必要があるでしょう。

まだまだ簡単には行けないニウエ。だからこそ行きたくなりますよね

Photo by: David Kirkland
協力:PIC 国際機関 太平洋諸島センター
(ライター:赤崎えいか

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP