ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DeNA山崎康晃 試合直前でも一切サイン断らず「神対応」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9年連続Bクラスから一転、今季はセ・リーグ首位で交流戦に突入した横浜DeNAベイスターズ。そ原動力の1人は、なんといってもルーキーの山崎康晃だろう。交流戦前までにセ・リーグトップの17セーブを挙げ、新人のセーブ記録も次々と塗り替えている。球速150kmを超えるストレートとツーシームのコンビネーションで打者を翻弄し、抜群の安定感を誇っている。

 マウンドでは強気な投球が売りの山崎だが、ファンへの対応はものすごく優しい。5月20日、神宮球場でのヤクルト戦前、練習場からクラブハウスへ向かう途中で山崎はファンに囲まれ、続々とサインを申し込まれていた。

 山崎はサインや写真を一度も断ることなく、すべての人に「ありがとうございますー」と笑顔で対応。売店のオバちゃんに声をかけられても、「応援してくださいー」と気さくだった。

 ファンが「さっき撮った写真がぶれていたので、もう一度取り直してもらっていいですか?」と聞いても、「いいですよー」と快く対応。関係者が「17時からミーティングだから」と急かすまで、丁寧すぎるほど丁寧にファンに対応していた。近くにいたファンが話す。

「試合前でピリピリしてもおかしくない状況のなかで、あんなにちゃんと応えてくれたら、否が応でもファンになりますよ。好青年という言葉がピッタリくる選手ですね。中畑清監督もファンをすごく大事にする人なので、監督の指導もあるのかもしれません」

 山崎は、時間がなくなった後も、すべての人ときちんと握手をし、最後はファンの向けたカメラに対して、サムアップポーズを取った。

 この光景を目の当たりにしたファンからは、「神対応」の声が上がっていた。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ヅカファンおそろいの物をつけて出待ち マナーの良さに定評
山崎武司 流血沙汰回避のために星野監督に嘘をつき状況好転
「超新星」のユナク「撮影に向けSK-IIでお手入れ中」と告白

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP