ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Billboard Japan Hot 100がYouotube他を加えて進化!ロック系もアイドル系も各地でライブ盛況:今週の邦楽まとめニュース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のまとめニュース。まずはビルボードチャートのリニューアルの話題から。国内唯一の総合楽曲チャートである「Billboard Japan Hot 100」に、来週6月3日のチャートから新たな指標として、YouTubeの再生回数、および、歌詞表示サービス「プチリリ」の歌詞表示回数から推定したストリーミング数が加わる。これによりネット・ストリーミングのリスナー動向も新たにチャートに反映されることとなる。チャートの中身が分かる新サービス「チャート・インサイト」、そして、アルバムチャートへのデジタルセールスの合算とともにぜひ注目して欲しい。

日本版BillboardチャートがYouTubeの再生回数を加えリニューアル、チャートの中身が分かる新サービスもスタート

 さて、ということでYoutubeの再生回数とストリーミング数を“加えない”チャートとしては最後の週となった今週のビルボードチャート。今週はAKB48恒例の夏の総選挙シングル「僕たちは戦わない」が見事シングルチャート1位に輝いた。ぱるること島崎遥香をセンターにしたシングルで、これまのAKBとは異なるメッセージ性の高い曲が依然として高い支持を得た。

AKB48「僕たちは戦わない」セールスで他を圧倒、ビルボード総合Hot100首位
総選挙で大注目のAKB48 40thシングル 実売数42.7万枚でビルボード週間セールスチャート1位に

 一方、アルバムチャート1位になったのは堂本剛の1年3か月ぶりの新アルバム『TU』。実売数5.6万枚の売上での首位となった。また、2位はMAN WITH A MISSION×ゼブラヘッドの『Out of Control』、3位はKEYTALK『HOT!』が続いた。

堂本剛 1年3か月ぶりの新アルバム『TU』がビルボードセールスチャート首位、KEYTALKも3位と健闘

 ジャンル別チャートでは、UNISON SQUARE GARDENによる『血界戦線』主題曲がビルボードアニメチャートを制覇。一方、クラシックチャートはチェリビダッケ指揮、ミュンヘン・フィルの1990年東京ライブ『ブルックナー7番』が初のCD化で1位となった。

UNISON SQUARE GARDENがビルボードアニメチャートを2度目の制覇! BUMPとともに『血界戦線』コンビが活躍中
チェリビダッケ指揮、ミュンヘン・フィルの1990年東京ライブ『ブルックナー7番』初CD化で第1位

 来週のチャート先読みでは星野源による新SGが首位発信を飾っている一方、アルバムはμ’sによるベストアルバムがSuperfly、アジカンを押さえて首位に立つというデッド・ヒートを繰り広げている。

【先ヨミ】星野源 約1年ぶりの新SGが首位発進、僅差のボイメン追いかけるか!?
【先ヨミ】μ’s 大ボリュームのベストアルバムが1位、Superflyとアジカンが続く展開に

 先週のバンド系のライブでは、サザンオールスターズによる東京ドーム公演、そして5月の新たな風物詩フェス【メトロック】、注目の若手バンドが揃った【SPRING BREEZE】がそれぞれ話題に。また、今後のライブではONE OK ROCKによる全国アリーナツアーの追加公演が発表されている。

サザンオールスターズ 東京ドームで明言「いつまでやってられるか分かんないけど、命続く限りやらせて頂きたいと思う」
【メトロック2015】盛り上がりを増す3回目の都市型ロックフェス
cero、きのこ帝国、トクマルシューゴ、Yogee New Wavesが共演を果たした【SPRING BREEZE】ライブレポートが到着! 6/24にはオンエアも
ONE OK ROCK 全国アリーナツアー追加公演決定、9月に幕張メッセ2DAYS

 アイドル系のライブではアンジュルム、モーニング娘。’15というハロプロ系アイドルの公演がそれぞれ注目を集めた。

アンジュルム 初の武道館に子供泣き&強烈な新曲披露 福田花音「今日が一番幸せな日」卒業まであと186日
モーニング娘。’15 約18年にもわたる娘。の歴史を継承、そして大きく踏み出した日本武道館公演“超えていく物語”

その他注目の邦楽ニュース
乃木坂46、初ドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方』の本予告&場面写真が公開 前売り券や限定ムビチケも
椎名林檎がZAZEN BOYS 向井秀徳とCM&新曲でコラボ
安室奈美恵 完璧なパフォーマンスMV&タッチを疑似体験できるMV同時公開
映画『脳漿炸裂ガール』、エビ中が歌う予告編が解禁
山崎まさよし 松田聖子やスティングのカバーも披露した極上ホールライブ ハイレゾ配信スタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP