ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DJスヴェン・ハンセン=ラヴをモデルに90年代パリの音楽シーンを描いた『EDEN/エデン』が公開決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ダフト・パンクらフレンチ・ハウスの黎明期を描いた映画『EDEN/エデン』が、6月27日から始まるフランス映画祭2015で上映されるほか、9月から全国公開されることが決定した。

 本作は、90年代パリの音楽シーンを駆け抜けたDJの夢と挫折を描いた、ほろ苦い青春ストーリー。ミア・ハンセン=ラヴ監督の実の兄であるDJ/脚本家のスヴェン・ハンセン=ラヴがモデルとなっており、フランス出身のダフト・パンクが誕生する様子も実際のエピソードとともにリアルに描かれている。

 フランス映画祭2015に合わせ、主人公ポールを演じたフェリックス・ド・ジヴリと、監督の実兄でありポールのモデルとなったDJ/脚本家のスヴェン・ハンセン=ラヴの来日も決定。揃ってフランス映画祭での上映に登壇するほか、スヴェンはDJとしてLe Baron de Paris(南青山)にて開催される記念イベント「FRENCH TOUCH」にも登場する。

◎公開情報『EDEN/エデン』
2015年9月、新宿シネマカリテほか全国ロードショー
監督:ミア・ハンセン=ラヴ
出演:フェリックス・ド・ジヴリ、ポーリーヌ・エチエンヌ、ヴァンサン・マケーニュ
(C)2014 CG CINEMA – FRANCE 2 CINEMA – BLUE FILM PROD– YUNDAL FILMS

関連記事リンク(外部サイト)

ダフト・パンクとナイル・ロジャースがシック新作用映像で再コラボ
【MTVアフリカ音楽賞】、故ネルソン・マンデラ氏の誕生日に開催へ
映画『Nas/タイム・イズ・イルマティック』DVDがいよいよ6/2発売 K DUB SHINEによる紹介コメント動画も公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP