ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、ChromecastなどのCastデバイスでキューイング、セカンドスクリーン、マルチプレイヤーゲームをサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Google I/O 2015 カンファレンスで Chromecast をはじめとしたGoogle Cast 対応デバイスをさらに便利にする新機能を発表しました。発表された Remote Display API は、「画面のキャスト」を拡張した API で、従来のミラーリングではなく、Cast デバイスとスマートフォン・タブレットのディスプレイに異なる情報を表示することが可能になります。また、Game Manager API では、Cast デバイスを利用するゲームアプリにマルチプレイヤー機能やスマートフォンをゲームコントローラーにする機能を実現できます。さらに、Autoplay and Queuing API では、Cast デバイスに動画などのコンテンツをキューイングして、例えば、前の動画の再生が終了する頃に次の動画のバッファリングを開始し、視聴し終わると次の動画が自動で再生されるようにできます。YouTube の TV キュー機能みたなものでしょう。つまり、これらの新機能によって、Chromecast や Nexus Player などの Cast デバイスでゲームを楽しめたり、映像や音楽の垂れ流しなどが可能になります。Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z3+(E6533)のプリインストールアプリや着信音・壁紙などを含むシステムダンプが流出
Google、セキュリティ・プライバシー保護機能を備えたMicro SDカード「Project Vault」を発表
Android Mで改善された通知機能を紹介

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。