ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

きんぴらごぼうの「きんぴら」って、なに?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


和食の定番料理である「きんぴらごぼう」。みなさんは、「きんぴらごぼう」の「きんぴら」の由来について、ご存知だろうか?
この「きんぴら」、2005年4月27日の産経新聞大阪夕刊によると、実はマサカリ担いだ金太郎で有名な金太郎の、息子の名前から取ったものとのこと。

足柄山のスーパーボーイであった金太郎クンは、その怪力ぶりを源頼光に認められてスカウトされて21歳の時、都に上る。坂田金時と改名して、「頼光の四天王」の一員として活躍。36歳のときには、丹後の国の大江山に住んでいた「酒呑童子」という鬼を退治するツアーに参加している。現在の学説では、「酒呑童子」は鬼などではなく、大江山に住み着いていた山賊の首領だといわれている。文楽や歌舞伎に登場するのは大きな鬼の姿をしている。
金時は生涯妻を持たず、頼光が亡くなった後は生まれ故郷の足柄山に戻り、その山中で消息を絶ったと伝えられる。
ところが・・・である。フィクションの世界では金時には息子が一人いて、名前は金平(きんぴら)。怪力の持ち主ではあるが、短気で、無邪気で、いささか軽率な愛すべき人物として描かれている。この金平が大活躍する人形浄瑠璃を「金平浄瑠璃」と呼び、江戸時代初期に大流行した。この金平は歌舞伎の世界にも採り入れられ、初世市川團十郎の「荒事」のもとになった。
金平の名は強さの代名詞になっていて、「きんぴらごぼう」という料理も、強精作用があるところから「金平」の名前をつけられている。

参考:2005.04.27「産経新聞大阪夕刊」

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】Toshl(X JAPAN)初の冠番組が放送決定!
本田や長友も絶賛?イタリアが認めた「ミラノとんこつラーメン」が日本上陸!
ジンギスカンが北海道の名物になった理由は?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP