ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android Mはマルチウィンドウ機能をネイティブでサポート、画面に複数のアプリを表示可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は昨日の基調講演で説明していませんでしたが、Android M にネイティブのマルチウィンドウ機能が備わって居ることが判明しました。マルチウィンドウ機能は、スマートフォンの場合だと Samsung が実装しているように、2 つのアプリを分割した画面に表示するものです。これまでの Android にマルチウィンドウ機能は搭載されていませんでした。しかし、現在この機能は無効化されており、有効にするには Android M の Build.prop をテキストエディタで開き、「ro.build.type」のデフォルト「userdebug」を「user」に変更する作業が必要になります。Build.prop の変更を行うと、開発者向けオプションの中にマルチウィンドウ機能のトグルが現れるので、有効にすると画像のような形式で 2 つのアプリを表示されることが可能になります。ただ、アプリの対応が必要になるようで、多くのアプリはクラッシュしてしまうとのことです。Source : XDA Developers


(juggly.cn)記事関連リンク
Android M デベロッパープレビュー版のイースターエッグ
Android Mではロック画面から音声検索を実行可能
Android MでRAMの管理画面が改善

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP