ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仕事急増の林修氏 池上彰氏と違い主役にも黒子にもなれる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在の教養番組ブームは、この二人が支えているといっても過言ではない。『ここがポイント!! 池上彰解説塾』(テレビ朝日系)など、数々の番組で活躍しているジャーナリストの池上彰氏。「今でしょ!」の一発屋に終わらず、池上ブームに割って入ってきた塾講師の林修氏。林氏は、『林修の今でしょ!講座』(テレビ朝日系)など多くの冠番組を持つ。ただ、同じ教養系番組の司会者といっても、二人のスタンスは全く違うようだ。テレビ解説者の木村隆志さんに解説してもらった。

 * * *
 教養番組の司会というのは、その人自身の知識と教養が求められるので、芸人やアイドルには任せられません。となるとそれが務まる人というのは限られてくるのですが、中でも池上さんと林先生の人気と実力は突出しています。でもお二人には明確な違いがあります。

 池上さんはわかりやすくいうと、「王様タイプ」です。出演者をソフトな語り口で巧みに誘導し、自分の望む方向に番組を持っていく。自分のほうが出演者よりも知っているという立場で上から降りてきて、悪い言い方をすると「上から目線」ですよね。「いい質問ですね~」というセリフも上の立場だからこそ言えるわけで、出演者をどう料理しようか常に考えています。人当たりはソフトでありつつも、ちゃんと自分が主役に収まって、最後には「やっぱり池上さんはすごい」とみんなに思わせるように計算しています。

 一方の林先生は、みんなとワイワイ楽しむ「友達タイプ」です。池上さんのように出演者を誘導するようなことはせず、むしろ自分がいじられるのを楽しんでいます。相手がボケたり、毒を吐いたりした時も、自分もそれに乗っかろうとするくらいです。相手を子供扱いせず、リスペクトして対等に接しているのがよくわかりますね。自分の手柄はなくてもよいという考えで、主役でありながら黒子に徹することもできます。

 なぜこうもスタンスが違うのかというと、お二人の本業が違うからです。池上さんはジャーナリスト、林先生は塾講師。「教え方」の違いからもそれはよくわかります。

 池上さんは、質問を投げかけながら教えていくというやり方。最初は簡単な質問から入って、段々とレベルを上げていき、最終的には全体像がわからせて「そういうことだったのか」と周囲を納得させます。ジャーナリストなので自分の主張もさりげなく入れてきます。そういう意味では選挙特番の池上さんが本当の池上さんかもしれません。「ブラック池上」ともいうべきか、場の空気に関係なく核心をズバッと聞く。そういったところが、政治好きの視聴者にとてもウケている理由です。

 林先生は、塾の講義のように教えてくれます。必要な時には出演者に質問もしますが、基本的には筋道を立ててストーリーとして話を聞かせます。ゆっくりと順序だてて丁寧に話してくれるので、難しいことでもわかりやすい。周りはいつの間にか林先生の話に引き込まれてしまうのです。

 今後のお二人の方向性に関していえば、池上さんはジャーナリストとして、自分の専門の範囲内で、番組を選びながら出てくるでしょう。一方、林先生は、タレントとして活躍の幅を広げてくると思います。教養番組に限らず、朝や昼の情報番組、音楽、スポーツ、それこそ池上さんが得意な選挙特番まで。相手に合わせるのが得意なので、何でもこなせます。最初に言ったように、教養番組の司会ができる人は少ないので、お二人の活躍はまだまだ続くでしょうね。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ポスト池上彰と評判の林修先生 好視聴率は「努力の賜物」か
池上彰氏の新番組苦戦 同じ「先生」枠の林先生台頭も要因か
池上彰 少年時代に本を読み過ぎ、母親から叱られていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP