ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「小夜子 光と闇の夜」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「三宅一生『馬の手綱』を着た小夜子」 撮影:横須賀功光 1975年

 

「山口小夜子 未来を着る人」展関連イベントとして、小夜子に捧げる夜会「小夜子 光と闇の夜」を開催。

古典的な美のミューズである一方で、常に新しくオルタナティブな表現の追究者でもあった山口小夜子。そのスピリットを彼女と分かち合い、ともに活動したミュージシャン、映像作家、ダンサーたちが一堂に会し、その濃密な表現世界をよみがえらせる。一夜限りの豪華な競演をお見逃しなく!

日時|2015年5月30日(土) 18時半開場 19時開演
主催|東京都現代美術館
場所|東京都現代美術館エントランスホール
出演者| 生西康典×掛川康典、宇川直宏、山川冬樹、飴屋法水、伊東篤宏、A.K.I.PRODUCTIONS、黒田育世、
PLASTICS(立花ハジメ、中西俊夫)、萌(Moe and ghosts)、灰野敬二 ほか
料金|3,000円(オールスタンディング)
販売方法|チケット販売アプリPeatixにてご購入ください。
Peatix→ http://sayokohikaritoyaminoyoru.peatix.com/
当日券のみ、東京都現代美術館チケットカウンター(10時~18時50分まで)でも販売いたします。
※当日券は数に限りがありますので予めご了承ください。

当日に限り、「山口小夜子 未来を着る人」展をご観覧いただけます。
Peatixのアプリ画面を入口でお見せください。
※ただし閉館時間は18時です。

詳細:http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/sayokoyamaguchi.html#tabs=tabs-3

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP