ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラスカル&パトラッシュになりきれる『世界名作劇場』フェイスパック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『友達フェイスパック』 。価格はパトラッシュ&ラスカル2枚入りで税込900円となっている。

『ジョジョの奇妙な冒険』フェイスパックで、一躍アニメファンのハートをつかんだ一心堂本舗(東京都千代田区)が、新たなアニメ系フェイスパックをリリースして話題となっている。 今回、一心堂本舗がコラボしたのは、日本アニメーション株式会社(東京都中央区)制作の『世界名作劇場』。今年放送開始40周年を迎えた同シリーズは、『母をたずねて三千里』『赤毛のアン』『愛少女ポリアンナ物語』など、そのほとんどが海外児童文学を原作としている。これは「子供たちにアニメを通して海外の文化を伝えたい」との思いからなのだそうだ。
今回デザインのモチーフとなったのは、シリーズ中でも二大名作と言われている『フランダースの犬』『あらいぐまラスカル』のキャラクター。世界で最も有名な名犬『パトラッシュ』、好奇心旺盛なあらいぐまの『ラスカル』がフェイスパックとなっている。
このフェイスパックは、ヒアルロン酸・コラーゲン・ビタミン C 誘導体の3つの美容成分と、気分をおちつかせるラべンダーエキスを配合した美容液をたっぷり含んだ本格的なもの。肌に潤いとハリ・ツヤを与えつつ、かわいらしい『世界名作劇場』キャラクターになりきれる、文字通り”身も心も潤う”ユニークな製品となっている。東急ハンズ全店、羽田空港にある一心堂本舗の店舗にて直接購入可能できるほか、公式サイトにて通信販売することも可能とのことだ。
なおインスタグラムには「#友達フェイスパック」なるハッシュタグが存在する模様。友達と一緒にパック中の写真を撮ってアップしてみては。

1975年に放送された『フランダースの犬』は『世界名作劇場』シリーズ第1作目。日本国内に関して言えば「原作よりも先にアニメ版を見た」と言う人が大半なのでは。 (c)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.

1977年に放送された『あらいぐまラスカル』はシリーズ3作目。アメリカの作家スターリング・ノースによる原作は、そのほとんどが実話に基づいているのだとか。(c)NIPPON ANIMATION CO.,LTD.

せっかく記念撮影するなら、身の回りのものを使って、コスプレ初体験にトライしてみてもいいかも?

▼リンク
一心堂本舗公式サイト
http://isshin-do.co.jp/ 

世界名作劇場 NIPPON ANIMATION
http://www.nippon-animation.co.jp/work/meisaku/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP