ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビルボードジャパンチャートにYouTubeの再生回数を合算、チャート解析サービスも新たにスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本におけるビルボード・ブランドのマスター・ライセンスを保有する阪神コンテンツリンクは、複合チャート「Billboard Japan Hot 100」にYouTubeの再生回数およびストリーミング数を新たに加え、6月3日より提供を開始する。

これまでBillboard JAPAN Hot 100は、パッケージ実売データをもとにした全国推定売上枚数、ダウンロード回数、ラジオ放送回数、PCでCDを読み込む際のLook Up回数、アーティスト名のツイート数の5指標により制作していた。

これに加え、YouTubeは、ニールセンを通じて国際標準コードであるISRCの登録された動画の再生回数のみを抽出し、国内における再生回数をカウント。ストリーミング数は、シンクパワーが運営する歌詞表示サービス「プチリリ」による歌詞表示回数を通じて国内のストリーミング数を推定する。

さらに、これまでアルバムチャートはパッケージセールスのみで制作していたが、パッケージに紐づくダウンロード数と、グレースノートによるアルバム盤のデータベースアクセス数の2指標を加える。

そして、これらの複数のデータの関連性を示すため、チャート解析サービス「CHART insight」をフリーミアムで開始する。6月3日にPC版の提供を開始、6月下旬にスマートフォン版の提供を開始する予定。

利用料金は、CHART insight pro(個人会員)は月額300円(税別)、CHART insight biz(法人会員)は月額20万円(税別)で、CHART insight proは2015年7月末まで無料で利用することができる。なお、1~20位までの順位など、一部のサービスはその後も無料で利用することができる。

関連リンク

阪神コンテンツリンク:http://hcl-c.com/
プランテックhttp://www.hotexpress.co.jp/plantech/
Billboard-Japan.com:http://www.billboard-japan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP