体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最高の結婚生活を送るために、ゼッタイに守るべき「9つのコト」

生活・趣味
shutterstock_212449810 copy

きれいごとだけじゃ、幸せな結婚生活は送れない

結婚生活――それは長い時間を誰かと過ごすこと。パートナーと共に協力し合って生きていくのは素晴らしい。一方で、長い時間を一緒に過ごすためには「好き」という感情だけでは心許ないのも事実・・・。

最高の結婚生活を送るために、ゼッタイにするべき「9つのコト」。なかには、不誠実な項目もある。残念ながら、きれいごとだけでは結婚生活は持続しないのだ。

01.
過去を振り返る

happy marriage life

一般的には過去の思い出を振り返ることは、後ろ向きなことのように思えるかもしれない。けれども、過去のラブラブだった頃の話を夫婦で一緒にしていると、その当時の気持ちを思い出したりするもの。その気持ちや思い出を共有しているという感覚は、2人の関係を活性化していくだろう。

02.
時には、嘘をつく

すべての事実が、人を幸せにするわけではない。時には、言わなくていいことは言わないという選択も必要だ。また、誠実なウソというものも、この世にはありえる。独りよがりではなく、相手のことを考えた上での正直さを発揮しよう。

03.
バラバラの休暇をもつ

happy marriage life

夫婦というと、休暇は同じように一緒に行動しなければならない、という暗黙のルールができていないだろうか?けれども、それは無理にでも適応しなければならないルールではない。それぞれが無理のないような休暇の過ごし方をしてみること。そのことによって、お互いにフラストレーションを溜めないですむのなら、そうしたほうが良い場合もある。

04.
喧嘩をする

それは夫婦にとって、離婚に向かっていることのように思うかもしれない。けれども、マンネリ化しそうな夫婦にとって、喧嘩は関係をリフレッシュしたりもする。

また、お互いの理解促進にもつながるという効果も望めるのだ。もちろん、無理に喧嘩を仕掛ける必要はないが、喧嘩をするということは相手に関心がある、ということでもあるのだ。

05.
2人より、1人の時間を大切にする

happy marriage life
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会