ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

写真家 フランシス・ジャコベッティが捉えた『プリーツ プリーズ イッセイミヤケ』の世界。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
PRISM_WEB_330x330

『プリーツ プリーズ イッセイミヤケ』を撮影してきたフランシス・ジャコベッティ。彼の写真を中村勇吾による映像と音で体感できるライブ空間演出が、6月12日から21日まで開催される。

フランシス・ジャコベッティは、ルーブル美術館やテートギャラリーに収蔵されるなど、世界的に評価を受ける写真家で、1999年から幾度となく「プリーツ プリーズ」のプロモーション写真を手掛けている。
今回の企画展では彼のその写真の魅力とパワーを、まるでプリズムの中にいるように楽しめる。
写真のモデルに起用されたダンサーたちから溢れる躍動感や、フランシス・ジャコベッティの感性、動きによって変化する「プリーツ プリーズ」の表情を、全身で感じてみては。

Giacobetti_PL1_low Giacobetti_PL2_low Giacobetti-zebra

『PRISM』PHOTOGRAPHY BY FRANCIS GIACOBETTI
期間:2015年6月12日(金) – 6月21日(日)
時間:10:00 – 20:00
場所:DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY
入場無料
(※本企画展の映像には、光が強い場面がございます。小さなお子様や刺激に敏感な方はご注意ください。)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。