ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エヴァスタッフが贈る感動のCGアニメ! 幕府と戦う若者を描く

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「神速のRouge」/(C)nihon animator mihonichi LLP.
スタジオカラーとドワンゴによる短編映像シリーズプロジェクト「日本アニメ(ーター)見本市」にて、5月29日(金)より、第24話「神速のRouge」が公開された。

本作は、CGI監督である鬼塚大輔さんをはじめとした、映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズを手がけたスタッフが中心となって制作された新作アニメーション。戦国時代を思わせる甲冑や刀などのキャラクターデザインや、精巧なメカニック、背景などを用いて描かれた作品となっている。

「ヱヴァンゲリヲン」のCGスタッフが送る新作アニメーション!

豊富な水資源に恵まれた八島(やつしま)を舞台に、傀儡政権と化した幕府と戦う若者たちの姿を描いた「神速のRouge」。

本作には鬼塚監督をはじめ、CGI監督に鈴木貴志さん、副監督に松井祐亮さん、モデリングに鹿野文浩さん、キャラクター原案に鶴巻和哉さんといった、「新世紀エヴァンゲリオン」や「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズに関わったスタッフが集結している。

モノクロで描かれた背景と、キャラクターが身に着けている甲冑や、戦闘シーンで飛び散る血の赤色が印象的なこの作品。シンプルな色づかいながらも細かく描きこまれた映像は、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ同様、CGアニメーション技術を最大限に活かして制作されている。

当初「日本アニメ(ーター)見本市」セカンドシーズンの作品ラインナップでは発表されていなかったタイトルであり、映画さながらの、巧みな3DCG技術で描かれる映像に注目だ。ちなみに本編の一番最後では「つづく」という文字とともに、第1話「開戦」の予告編を見ることができる。

また、6月1日(月)の22時からは、ニコニコ生放送にて鬼塚監督をはじめとした本作のスタッフが出演し、制作秘話や作品に込めた思いなどを語る「『日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-』第24回」が配信される。

引用元

エヴァスタッフが贈る感動のCGアニメ! 幕府と戦う若者を描く

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP