体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジブリ出身の新鋭アニメーター・新井陽次郎監督に注目 初監督作『台風のノルダ』について聞いてみた

IMG_2519

新進気鋭のクリエーターたちが集結する注目のアニメスタジオ・スタジオコロリド。『陽なたのアオシグレ』以来2年ぶりとなる最新作『台風のノルダ』が、6月5日(金)より全国ロードショーとなります。スタジオジブリのアニメーターとして、『借りぐらしのアリエッティ』『コクリコ坂から』『風立ちぬ』などに参加した経歴を持つ新井陽次郎監督が手掛ける本作。キャラクターデザイン・作画監督は、ショートアニメ『フミコの告白』で第14回文化庁メディア芸術祭優秀賞など数々の賞を受賞している石田祐康氏が務めています。

ガジェット通信は本作で劇場映画監督デビューを飾る新井陽次郎監督にインタビューを実施。ジブリ時代のお話や『台風のノルダ』公開直前のお気持ちなどを伺ってきました。

<ストーリー>
舞台はとある離島、文化祭前日の中学校。幼いころからずっと続けていた野球をやめたことがきっかけで親友の西条とケンカした東は、突如現れた赤い目をした不思議な少女ノルダと出会う。「“地の渦”と“空の渦”と“私”が一つに繋がれたとき、この星は生まれ変わる…」。その頃、観測史上最大級の台風が学校を襲おうとしていた──。

ジブリからコロリドへ

――まず初めに、監督がアニメーターを目指したきっかけを教えていただけるでしょうか。

新井監督:『交響詩篇エウレカセブン』でキャラクターデザインを担当された吉田健一さんの絵が好きで、作品をたどっていったら吉田さんの出身であるジブリに行き当たったんです。ジブリで働いてみたいなって思ったのが高校3年生の時ですね。

――アニメ作品の中でも、やはりジブリは特別だったのでしょうか?

新井監督:ロボットアニメとかも大好きでしたが、ジブリは“映画”としてとらえていたというか、同じアニメでもテレビ作品とは別物という意識が小さい頃からありました。だから、もしアニメーターを目指すなら、ジブリのような質の高い劇場アニメを作ってみたいと思っていました。

――ジブリでは長編の劇場版にも携わっていますが、どんな担当をされていたんですか?

新井監督:僕は動画(アニメーションに動きを付けるために原画と原画の間に挟む絵)を担当していました。下っ端だったので、『風立ちぬ』の時も宮崎駿さんとは同じ空間にいるだけで、ほとんど話すようなことはありませんでしたね(笑)。でもテレビでよく見るような、あのままの感じの方ですよ。

――仕事術として今に活かされていることはありますか?

新井監督:在籍期間は3年くらいなんですが、絵作りの面では大きな影響を受けていると思います。ジブリの絵はカメラをあまり動かさず、キャラクターを動かすことできちんと芝居をさせるんです。

――確かに今作でも人物が豊かに動いていると感じました。その後、スタジオコロリドに在籍するきっかけは?

新井監督:石田祐康くんを通じて紹介してもらいました。彼とは学生時代にイラスト投稿サイトの『pixiv』で知り合ったんです。僕がジブリ在籍時に彼の『フミコの告白』が話題になって、自分も作品を作りたいと思ってAE(アフターエフェクト)の使い方など個人でアニメを作る方法を聞いたりしてました。そうこうしているうちに、彼は杉井ギサブロー監督の『グスコーブドリの伝記』に携わって、立ち上げ後すぐのスタジオコロリドに入って……、ジブリの下っ端として過ごしていた自分にとっては凄く刺激を受けたんですよね。ちょうど石田くんに誘ってもらったこともあって、思い切ってそっちに飛び込んでみた方が自分のためになるんじゃないかと思ったんです。

台風のワクワク感を表現

ノルダ_main

――『台風のノルダ』はもともと構想があったのでしょうか?

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。