ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android Mで日本語フォントを変更

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nexus 5 Android M

Google が Android M で日本語フォントを変更しました。Android 5.x では、モトヤフォントがデフォルトの日本語フォントとして採用されていましたが、Android M で昨年 7 月にオープンソース公開された「Noto Sans CJK」に切り替わりました。Noto Sans CJK は、日本語、中国語、韓国語対応したフォントで、無償で配布されているので、中華フォントしか入っていない海外端末には最適な選択肢として重宝されています。Xperia ファンさん、情報ありがとうございました!


(juggly.cn)記事関連リンク
Android Mで音量調節スライダーが刷新
Google Playストアのデベロッパーページリニューアル、検索結果のカテゴリ表示、A / B テスト機能の実装などがGoogle I/Oで発表
Android MではWi-Fiテザリング機能で5GHz帯を利用できる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。