体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

長く厳しい「モンゴルの冬景色」を捉えた貴重な写真

150529_winter-mongol

MIT(マサチューセッツ工科大学)出身のDheera Venkatraman氏は、新しいアプリケーション開発のために世界を旅している最中だ。ここで紹介するのは、彼がモンゴルを訪れた際に撮影した冬景色。

モンゴルの冬は厳しい。そのため、多くの観光客も現地を訪れるのは夏がほとんど。しかし、そこには冬にしか見ることの出来ない美しい景色が広がっていた。

85singo_img_00041__880 85singo_travel-landscape-photography-winter-dheera-venkatraman-mongolia-7 85singo_travel-landscape-photography-winter-dheera-venkatraman-mongolia-6

モンゴルの冬は寒い。特に真冬になると-20℃から-45℃まで気温が下がる。決して雪が多く降るわけではないが、数ヶ月の間0℃以下の気温が続くため、次の夏が訪れるまで雪はうっすらと残る。

85singo_Winter-in-Mongolia5__880

この線路は、モンゴルの首都ウランバートルを跨いで北京からモスクワまで続く。1949年から1961年に造られ、ゴビ砂漠とシベリア大陸を横断している。

85singo_img_0002__880

不思議な光景。屋外にあるバスケットゴールは、夏になるまで放置されているようだ。

85singo_Winter-in-Mongolia4__880

数ヶ月間0℃を超えることのないモンゴルでは、氷の彫刻が冬の楽しみとなっている。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。