ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オーストラリアの海岸に現れた「青い光」の正体とは!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

撮影が行われたのは、オーストラリアの南部に位置するタスマニア州ホバートの郊外だ。Blackpaw Photographyのフォトグラファー、Jo Malcomson氏は家族と共に海岸を訪れ、生命が輝く貴重な瞬間に直面した。

撮影した彼女はこう語っている。「まるで映画『アバター』のような幻想的な世界だった。子どもたちも夢中になって大はしゃぎだったし、私も子どものように無邪気に騒いでしまった」。

青く光っているのは、夜光虫が増殖する際に発生するもの。物理的な刺激に反応する性質を持っているため、波打ち際や、石を投げた場所、足あとなどが輝く。

海洋性のプランクトンの大量増殖で発生し、最終的には破裂して死んでしまうのだそう。オーストラリアやカリフォルニア、カリブ海沿岸などでは比較的頻繁に見られる環境があり、この写真が撮影された海岸でも、よく見られる現象のようだ。

とはいえ、これほど集中したものが見れるのはとても稀。彼女の子どもたちは、まるで気が狂ったかのように興奮して喜んだそうだが、写真を見れば納得だ。

Licensed material used with permission by Blackpaw Photography

関連記事リンク(外部サイト)

【ECOエネルギー】「波の動き」から電力を発電するシステムが、オーストラリアで開発
バイアグラは心臓病の薬だった!?失敗・ハプニングから生まれた24の画期的発明
1945年の夏がカラーで蘇る。第2次世界大戦の傷と「ベルリン」の姿

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。