ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本版BillboardチャートがYouTubeの再生回数を加えリニューアル、チャートの中身が分かる新サービスもスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国内唯一の総合楽曲チャートである「Billboard Japan Hot 100」に、6月3日から新たな指標としてYouTube の再生回数および歌詞表示サービス「プチリリ」による歌詞表示回数から推定するストリーミング数が新たに加わり提供を開始することが発表された。

 Billboard JAPAN Hot 100 は、米Billboard のノウハウを活かし異なる指標を合算した複合チャートとして2008年より提供を開始。現在まで、サウンドスキャンジャパンによるリアルストア・E コマース約3900 店舗におけるパッケージ実売データをもとにした全国推定売上枚数、ニールセンが提供するダウンロード回数、プランテックの提供する全国主要エリアAM/FM32 局のラジオ放送回数、PC でCD を読み込んだ際にグレースノート・メディアデータベースにアクセスするLook Up 回数、NTT データの提供する楽曲とアーティスト名のツイート数の5 指標によりJAPAN Hot 100 を制作してきた。

 今回のリニューアルでは、まずニールセンを通じて国際標準コードであるISRC の登録されたYouTubeの再生回数のみを抽出し、国内におけるYouTube再生回数が追加される。これによりYouTube にアップされているオフィシャル動画や、権利者のオリジナル音源を含むユーザー動画の再生回数もチャートを構成する指標に加わわることとなる。さらに今後のマーケットの拡大を見越して、ストリーミング数も合算、これはシンクパワーが運営する歌詞表示サービス「プチリリ」による歌詞表示回数を通じて国内のストリーミング数を推定する。

 さらに、これまでパッケージセールスのみで制作していたアルバムチャートに、パッケージに紐づくダウンロード数と、グレースノートによるアルバム盤のデータベースアクセス数の2 指標を加え、国内唯一の総合アルバムチャートの提供も開始する。

 そして、これらの複数のデータの関連性を示すため、チャート解析サービス「CHART insight」がフリーミアムでスタート。利用料金はいずれも税別で、CHART insight pro(個人会員)は月額300 円、CHART insight biz(法人会員)は月額20 万円で、CHART insight pro に関しては2015 年7 月末まで無料で利用することが可能。なお、1~20 位までの順位など、一部のサービスはその後も無料で利用することができる。昨年12 月のデモ公開では広く注目を集め、公開後25 万人を超えるユーザーがサービスを体験。ヒット曲が、どのように生まれ、どのように世の中に浸透していくのかが一目で分かり、曲ごとの比較もできる新サービスとなっている。6 月3 日にPC 版の提供を開始、6 月下旬にはスマートフォン版の提供開始が予定されている。

関連記事リンク(外部サイト)

【Special】ビルボードジャパン・チャートが6月にリニューアル!チャート・インサイト・サービスがデビュー
【Special】Billboard JAPAN Music Awards 2014
【#BJMA】2014年ビルボードジャパン・チャート解析/玉井健二

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP