ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

転びやすい子供たち バランス能力の重要性と人気のアイテム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、障害物のない平らな場所でも、転びやすい子供が増えている。スマホやゲームなど部屋遊びの割合が増え、体力の低下といった理由が挙げられることも多いが、ポイントのひとつは身体的なバランス感覚だ。亀谷幼児体育研究所を主宰、東京YMCA社会体育保育専門学校の講師でもある亀谷正美氏は、幼児期にバランス能力を養う大切さについてこう語る。

「何年も前から、転びやすい子供が増えている、転んでも手が出ず、顔や頭にケガをする――ということが言われていますが、小さい時に育てたい運動能力はバランス能力です。子供が寝返りを覚えてから、ハイハイ、歩行、小走り、そして固定遊具などを使って遊ぶようになるまでの動作は、全てバランス能力を要する動作です。

 例えば、固定遊具での遊びは、直接的に『走る』『跳ぶ』『投げる』といった運動とは結びつかないものの、バランス能力を高めたことにより、神経と筋肉の関係がスムースになり、他の運動能力も高まることが期待できます。さらにバランス能力の発達が、敏捷性や、ボール・縄などといった物を操作する能力向上へ直結することから、あらゆる運動能力の基礎となるものと言えるでしょう」

 こうした子供のバランス能力不足の解消にも繋がるアイテムとして、近年注目を集めているのが幼児用ペダルなし二輪車の「ストライダー」だ。2007年にアメリカで生まれ、2009年に日本で販売された同商品は、今年2月に世界累計販売数100万台を突破。日本国内だけでも4月末の時点で、33万台を超えるヒット商品となっている。

 そうした現在の流れを「すでに一過性のブームではない、ポジションを築いていると思いますね」と語るのは、ムラサキスポーツ イオンモールむさし村山店の担当者・遊佐真之介さん。

「店頭でなんとなくご覧になって購入するのではなく、初めから『ストライダーを買いに来た』とおっしゃるお客様がほとんどです。購入されるのは親御さんのほか、お孫さんにプレゼントされるといったケースも、少なくないですね。小さいお子さん向けの遊具には、ものによって“流行り廃り”みたいなものがありますが、『補助輪なしで、自転車に乗れるようにするための助走アイテム』という位置付けもあって、必ず通る定番のポジションを獲得していると感じます」(遊佐さん)

 また、実際に購入する人たちにとって、「補助輪を外す、助走アイテム」といった目的以外に、「ストライダー」の特色も支持される理由になっている。

「グリップやサドルをはじめ、さまざまなパーツをカスタマイズできるので、見た目やスペックでお子さんは“遊び道具”として、親御さんはお子さんのために“オリジナリティを追求する”点で、モチベーションを高める楽しみ方ができます。

 また、世界大会もある『ストライダーカップ』が国内でも広く開催されていて、レースへの参加を前提に、グローブやプロテクターといった、エントリーに必要な道具類などの相談をされることも多いです。各地の『ストライダー』を通じたサークル活動も盛んのようで、そうした仲間同士でカスタムの相談するのも、楽しいと聞きますね」(遊佐さん)

 遊具として子供を遊ばせるだけでなく、親がそのアイテムを工夫する余地があり、レースやサークルへの参加を通じて交流の輪が広がる――といった点に付加価値を感じる人も多く、継続的に親子で楽しむ動機となっているようだ。このように、ひとつの遊具に複数の要素があり、親子で繰り返しモチベーションが上がるポイントがあることは、それだけ子供の能力を高める点においても、メリットがあるという。

「バランス能力は、自然に何もしないで育つものではありませんし、脳も、筋肉も神経の働きも何もしないのでは育ちません。繰り返し刺激を与えることによって働きが良くなるのです。その点で『ストライダー』がバランス能力を発達させるということは、アメリカのサウスダコタ州立大学の研究で明らかにされています。『ストライダー』で遊ぶと子供自身も少しずつ、上手になっていくのがわかります。上手になってくるともっとやりたくなります。もっとやればさらに上手くなっていき、それがさらに脳を活性化させるのです。

 幼児期に育てるべき運動能力はすべての基礎となるバランスと、すばやく動く急に方向を変えるなどといった敏捷性、異なった動作をコントロールして巧みに行なう協応性です。それが子供の運動神経を良くし、運動を楽しむ意欲を育て、ケガの少ない子供に育てることに繋がると思います」(前出・亀谷氏)

 このようにポジティブな点の多い『ストライダー』だが、だからこそ「ルールを守って、安全に楽しんでもらいたい」と遊佐さんは語る。

「左右の重心のバランス感覚を鍛えたり、ハンドルの動きに合わせて、重心の位置を変えて行きたい方向へ移動する訓練は、自転車をはじめ、いろんな運動を始める時に役立つと思います。乗る際には、ヘルメットはもちろん、肘や膝を着くことも多いので、プロテクターを着用するようにしてください。また小さいお子さんは頭が重いので、前のめりになった際に、額がハンドルにぶつかってしまうこともありますから、衝撃を和らげるための専用のハンドルパッドもお勧めしています。

『ストライダー』は公道ではなく、安全なスペースで楽しむ遊具ですから、思い切り遊ぶのに差し支えない場所へ移動するまでは、乗らないようにしましょう。また、遊んでいる際も、保護者の方がきちんと見守って、『上手にできたね』など声をかけていただけると、お子さんも早く上達します。小さい時に触れる遊具で、ルールを守って、安全に遊んだり、練習したりすることが、成長する中でいろいろなスポーツを身につける時のための、良い練習になると思いますよ」(遊佐さん)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小学5年息子の小粋な言葉が話題の俵万智 子育ての秘密とは
セイン・カミュ 家族「川の字」で寝る日本流を今では認める
NHK紅白歌合戦珍事件 加山雄三の「仮面ライダー事件」とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP