ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

不振の阪神榎田 今も「バレンティンに被弾」の後遺症残る?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 阪神投手陣が波に乗れない。交流戦開始前までで防御率3.87は、セ・リーグ最下位。ストッパーの呉昇桓、セットアッパーの福原忍は安定した成績を残しているが、そこにつなぐまでの中継ぎ陣が崩壊。安藤優也、松田遼馬などが力を発揮できておらず、かつての守護神・藤川球児を獲得するという話も浮上している。

 なかでも、左の榎田大樹の絶不調は大誤算だろう。ルーキーイヤーの2011年には62試合、2012年には48試合に登板。2年連続で防御率2点台を保ち、貴重な左の中継ぎとして活躍していた。しかし、3年目に先発に転向すると、雲行きが変わった。前半戦こそ4勝を挙げ、先発ローテーションの一角として活躍したが、後半戦に失速。9月15日には、バレンティン(ヤクルト)からシーズン新記録となる第56号ホームランを浴びた。この日の榎田は、バレンティンに57号も打たれ、プロ入り最短の3回途中で降板。登録を抹消されると、以降一軍に復帰することなく、シーズンを終えた。

 翌2014年も先発の役割を任されたが、1勝もできず、途中から中継ぎに戻っている。そして、今シーズンもいまだに復活できず、防御率10点台のまま、交流戦を前に今季2度目の二軍行きが決まった。なぜ、榎田は立ち直れずにいるのか。いまだにファンからは「バレンティンへの大記録献上が影響している」という声も出ているが、一概にそうとは言えないという。スポーツライターが話す。

「過去の大記録献上投手で、榎田ほど不調に陥った例はありません。1977年、王貞治に756号を打たれたヤクルトの鈴木康二朗は、この年キャリアハイの14勝を挙げ、翌年には13勝3敗で最高勝率に輝き、チームの初優勝に大貢献しました。1986年6月、ランディ・バースに7試合連続本塁打の日本タイ記録を作られた巨人の江川卓はこの年、3年ぶりに16勝をマーク。1994年、イチローにシーズン200安打目を打たれたロッテの園川一美は、翌年イチローを12打数3安打(打率2割5分)に封じ、自身も8勝を挙げています」

 いずれも新記録の献上を肥やしに、飛躍を果たしている。鈴木康二朗は、のちのインタビューで「打たれてよかった。これをきっかけに、燃えることができて成績は上がったわけですから」と語っているほどだ。では、なぜ榎田だけ復活できないのだろうか。

「もちろん、ケガの影響なども見逃せません。しかしそれ以上に、バレンティンに被弾直後に、首脳陣が二軍落ちを命じ、そのままシーズンを終えたことの影響は大きいかもしれません。榎田はシーズン中にリベンジの機会を与えられることなく、嫌なイメージを残したまま、オフに突入してしまった。その後、まだヤクルト戦が残っていたわけですから、もう一度バレンティンと対戦させたり、神宮球場で投げさせたりする機会を与えれば、本人の気持ちも違ったでしょう。そこで打たれる可能性もありますが、反撃のチャンスを与えるのが、首脳陣の役目だったのでは」(同前)

 いまだ、歴史的被弾の後遺症を引きずっているかのような榎田。ファンは復活を待ち望んでいる。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
王に756号打たれた鈴木康二朗 打たれた賞品の受け取り拒否
王貞治にシーズン最多HR許した投手 後に“王の恋人”になる
マートンにシーズン最多安打許した中澤雅人はかなり不運な男

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP