ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【 Trip to 90’s 】 サム★サフィ( 1992 )

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

日々の生活に疲れたという方必見、日仏合作「サム★サフィ(1992)」を紹介したい。
筆者もこの映画を初めてみたその頃、人生における最悪の時期で自分自身にモヤモヤを募らせ、他人にもイライラしまくりの毎日を送っていた。そして出会ったのが本作だ。

自由すぎる主人公 エヴァ

スペインでストリッパーをしながら、根なし草のような生活をしているエヴァ(オーレ・アッテカ)。母親も自宅の家具を差し押さえられるという極限状態でアートの中に生きる人間。
エヴァはとうとう今の状況に嫌気がさしはじめ、ストリップ小屋のお金を持ち逃げし飛び出してしまう。彼氏と街を歩きながらふと「普通に生きる人」が気になりだし、普通に働いてお給料をもらいながら生活する決心をする。

普通に生活する……9時から5時まで働いて毎月お給料をもらい、稼いだお金で買い物しその食材で料理し……人が寝る時間に寝て、日が昇れば起きる生活のこと。
ストリッパーやグルーピーで生活して来たエヴァにとっては、これが“普通の生活”だ。
大部分の人がその“普通の生活”を生きているから、それに憧れるという女の子を驚異の目で見てしまうだろう。

「普通の生活は、私にとってエキゾチックなの。」

(エヴァ)

これ、なかなか名言。
エヴァはゲイの画家 ピーターの家に転がりこみ、仕事が見つかるまでお世話になる。掃除機をかけることにすら新鮮さをおぼえ、楽しそうに掃除する彼女の姿が微笑ましい。
食器を洗うのに洗剤を間違えてオリーブオイルで洗ってしまったり……とにかく笑える。
そして、失敗しても前だけを向いていられる彼女が羨ましくもある。

エキセントリックな主人公…だけど学べることがいっぱい


そんな彼女にもとうとう念願の仕事が見つかる。ゲイのカップルの家で家政婦をすることになり、クレームの手紙を書き続ける偏屈なオヤジとも仲良くなり、小さいながらも一歩踏み出しはじめる。
手作りの料理はお世辞にも上手とはいえないけれど、オジサン達に喜んでもらえるエヴァ。
確かに「世の中こんなにうまくいくかー」とも思ってしまうのだ。
しかしエヴァを見ていると、彼女なりの処世術に気づく。

常に前しか見ていない、やりたいこと目指して一直線

いかなる状況でも愉しむ

他人に優しい

電話や役所の窓口などでも“一歩譲る”会話

エヴァの姿を見て思うことは、仕事の面接で高校中退という学歴を臆せずハキハキと告げる。自然な毅然さぶり、偏屈じゃないところがいい……常に何にでも前向きに挑戦していく。
これ、筆者にとって一番羨ましいところである。
見知らぬ人にも優しいので、そこから思いがけない繋がりが生まれたりもする。
このたぐいまれなコミュニケーション能力に、自分自身気付いていない彼女がまたおもしろい。

「他者に依存しながら生きたくないの」(エヴァ)

「人生は依存のゲームだから面白いんだ、依存しなくなる時、それは死ぬ時だ」
(ピーター)

劇中のこのやりとり、ハッとする部分だ……ユニークでおしゃれで軽快な映画だが、学ぶところが多い。
幸運は、前向きな人の後ろについてくる!

衣装はヒロミチナカノが協力。ファッションも学ぶべし!

オレンジのビニールっぽい四角の端切れを黒いビニールテープを貼ってスカートにしたり、黒いスケスケ・シースルーを赤いブラの上にサラッと自然に着たり。
うーん、大胆!
役場に勤めはじめたら地味なくすんだブルーのスーツを購入するも、スニーカーを履くことでひと味違う着こなし。ファッショナブルで真っすぐなエヴァの生き方は、女性の共感を呼ぶこと間違いなし。
劇中にネナ・チェリーの音楽が使われているのも、筆者にとって「ややっ!いい趣味してるな」という感じだった。

映画のタイトル「Sam Suffit」はフランス語で、日本語に直すと「もう、うんざり!」という意味だそう。
ありきたりな毎日にうんざりという人、心が少し疲れている時など、この作品は“一服の清涼剤”となるだろう。
エヴァを演じるオーレ・アッテカの巨乳にもついつい目がいってしまう……。
監督は、「エリザとエリック(1988)」 「ガーターベルトの夜(1990)」などのヴィルジニー・テヴネ。衣装や美術にこだわった彼女の映画は、アーティスティックで20年以上経た今見るからこそ新鮮だ。

余談だが、筆者宅の猫(プロフ画像)の名前はこの映画から名付けたものだ。

画像掲載元:
http://www.premiere.fr/Cinema/Photos-film/Photos-acteur/Sam-Suffit-1513353
(『プレミア』フランス ウェブサイト)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 風凛王(ぷー・りんうぉん)) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP