ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

湖の中にいるような吹抜けの中、目の前に広がる琵琶湖の景色と共に、本格ピッツァと滋賀の新鮮野菜を召し上がれ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


琵琶湖ホテルは、2階「アトリウムラウンジ」を改装し、7月11日にイタリアンダイニング「Bel Lago(ベルラーゴ)」をニューオープンする。

「ベルラーゴ」とはイタリア語で「美しい湖」という意味。
「ベルラーゴ」の前には、壮大な琵琶湖が広がる。「リゾート&リラックス」がコンセプトの店内は、母なる湖を思い起こす幻想的なブルーの吹き抜けと、大きな窓から差し込む陽の光でゆったり落ち着ける心地よい空間。ロマンチックな気分も味わえそうな素敵な空間だ。

この素敵な落ち着ける空間の中でいただくのは、ピザ窯で焼き上げる本格イタリアンピッツァと滋賀の新鮮野菜のグリルやパスタ。

窯で焼く香ばしいクリスピーピッツァは、手作りの生地とイタリア産チーズ、滋賀の新鮮な野菜など、どれも決して妥協することなくシェフのこだわりが詰まっている。イタリアシチリア島出身のシェフが、生まれ故郷のシチリア島の湖に思いを馳せながら作る本格イタリアンピッツァだ。

「大地の野菜バー」では、滋賀の新鮮野菜のグリルや生野菜がたくさん並ぶ。滋賀の農家が育てた新鮮な野菜を使い、今ここでしか味わえない新鮮で旬な野菜を好きなだけ食べることが出来る。アラカルトの「バーニャカウダ」は、滋賀の新鮮な野菜をオリジナルの3種のソースで楽しめる。

パスタは、乾麺も生麺もバリエーションが豊かだ。様々な形のパスタが揃い、イタリア産のチーズや地元農園の滋賀野菜など、安全で美味しい食材を使用して作るこだわりのパスタを食べることが出来る。

琵琶湖ホテル公式サイトhttp://www.biwakohotel.co.jp/

琵琶湖のほとりの素敵なホテルで、壮大な湖に抱かれたような空間の中、本格ピッツァと滋賀野菜をたっぷりと召し上がってみて。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP