ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テイラー・スウィフト 「バッド・ブラッド」で米ビルボード・シングル・チャート4曲目の首位に!ケンドリック・ラマーにとっては初の快挙

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テイラー・スウィフト、4曲目の快挙!ケンドリック・ラマーにとっては、初のNo.1獲得となった「バッド・ブラッド」が、今週の米ビルボード・シングル・チャート1位に。

 先週、初登場した53位から一気に首位へと躍り出た「バッド・ブラッド」。TOP10入りは間違いないと予想されていたが、独走状態だった、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン」を蹴落としてのNo.1獲得には、驚かされた。

 5月17日に開催された【2015 ビルボード・ミュージック・アワード】のオープニングで解禁されたPVの効果が絶大で、公開後1日で2000万回を突破するという、すさまじいストリーミングポイントを稼いだことが、今回のジャンプアップの要因。チャーリーズ・エンジェル風のフィーメール・アクションが話題で、テイラーのレザー・スーツやバトルシーンもイケてる。すでに8600万回視聴を記録していて、1週間以内には、1億回突破するかと思われる。

 テイラー・スウィフトにとっては、アルバム『1989』から、「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」、「ブランク・スペース」に続いて3曲目、テラスハウスのテーマ曲「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」を含むと、通算4曲目のNo,1獲得、シングル・バージョンでラップを務めたケンドリック・ラマーにとっては、シングルとしては初の首位獲得となった。その効果もあってか、アルバム『1989』も、先週の9位から2位に急上昇、2015上半期の売上No.1アルバムとしても認定された。

 今週TOP10入りを果たしたのが、もう1曲。デヴィッド・ゲッタ、ニッキー・ミナージュ、アフロジャックによるコラボソング「ヘイ・ママ」が8位にアップした。デヴィッド・ゲッタの6thアルバム『リッスン』からの4thシングルとしてカットされ、5月19日にリリースされたビデオが1700万回を突破し、こちらもテイラー同様、ストリーミング効果で上昇した。デヴィッド・ゲッタとニッキー・ミナージュの相性は抜群で、2011年リリースの「ターン・ミー・オン」も最高位4位を記録する、大ヒットに至った。

 ニッキー・ミナージュは、ビヨンセとタッグを組んだ新曲「フィーリング・マイセルフ」も39位にデビューさせている。この曲は、大ヒットアルバム『ザ・ピンクプリント』から7曲目のカットで、高級シャンパン「アルマンドブリニャック」をふんだんに使ったPVが、いろんな意味で話題となり、注目されている。こちらも次週、ストリーミングポイントを伸ばして、ランクアップすることが予想される。

 次週もテイラーの首位は確約といったところだが、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン」もいまだ強く、巻き返しの可能性も大。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

6月6日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
6月6日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
テイラー・スウィフトが「バッド・ブラッド feat. ケンドリック・ラマー」配信開始 豪華過ぎる友人スターと共演したMVもYoutubeに公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP