ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本を肌で感じ浮世絵を身にまとう。高品質な国産の和柄Tシャツはいかが?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


カジュアルアイテムの代表、Tシャツ。ファストファッションから高級ブランドものまで、その種類は千差万別ですが、和風なデザインというと、ちょっと普段には着るのをためらうようなべたなデザインも多く見かけます。さらには外人さん向けのおみやげだったりすると、時々意味を理解されているのか心配になるものまで見かけたり・・・。

もし、あなたのまわりにそんな方がいたら、こんな粋なTシャツをお薦めしてみてはいかがでしょう?


久米繊維工業のTシャツは、日本の市場に並ぶTシャツの90%以上が海外産とも言われている現在でも、紡績や編みたて染色などの工程を、国内有数の技術工場と仕上げ作業を行う自社職人と共に100%国内産で作られています。

日本の熟練した職人ならではの繊細な作業やオリジナルにこだわった商品は、様々なブランドから熱いラブコールを受けているほどです。

そして、その品質もさることながら、デザインの感度のよさもこちらの特徴。日本が世界に誇る浮世絵師・葛飾北斎の代表作をモチーフにした「北斎Tシャツシリーズ」や、和の心を表現した「久米繊維謹製蔵印シリーズ」など、普段にも着たくなる”格好いい”Tシャツを作り上げています。

その魅力的な商品の一部をご紹介しましょう。

■北斎Tシャツシリーズ【凱風快晴】
朝日受け山肌輝かす富士に、南風はそよぐ。

【月夜の忍者】
月に映し出される、忍ぶ姿。

【山下白雨】
稲妻駆ける雲を麓に、悠々と在る富士の山肌。

■久米繊維謹製蔵印シリーズ

【縁起】
松・竹・梅のデザイン。松は長寿・延命、竹は生命力・成長、梅は繁栄・繁殖の意味を表す。着て頂く皆様に良い事がありますようにとの願いが込められている。

【富士見酒】
世界遺産の富士山を、長寿や普遍の心の象徴「松皮菱」、災から何を逃れることができる縁起物「南天」、願いや想いが成就する幸運の象徴「満月」で彩った1枚。
縁起の良い富士見酒で運気向上。

【月見】
美しくも儚い桜の花の下、柳(柳縞文様)の後ろから月の光を浴びて桜が散っている様子を映し出している。

どうです、この格好良さ!どれもこれも欲しくなってしまいますね。

たかがTシャツ、されどもTシャツ。いまだからこそ創りえる「和」の心を表現した一枚を、あなたも身にまとってみませんか。

久米繊維工業株式会社

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

これかわいい!葛飾北斎の浮世絵が襟に描かれた女性向けシャツ
葛飾北斎のスケッチ「北斎漫画」展が渋谷ヒカリエにやってきた
汚れた車のリアガラスに描かれた数々のアート作品のクオリティがハンパない!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP