ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【韓国リポート】国際問題なんて関係ない?韓国の「日本食」は年々拡大

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

IMG_5457
韓国といえば、キムチ、焼き肉、ビビンバ・・・のイメージがあり、これらを好んでわざわざ韓国まで食べに旅行で行く日本人はあとを絶たない。ただ昨今の日韓関係の悪化、韓流ブームの沈静化、円安などによって韓国を訪れる日本人観光客は明らかに減っている。
その一方で、日本を訪れる韓国人は一時のどん底からリバウンドしたかのごとく、再び増加している。そして、韓国でも「日本食」が年々、幅をきかせているのを実感する。
例えば、大型ショッピングモールのフードコートに行くと、日本食を提供する店が必ずある。特によく目につくのが、トンカツ、うどん、豚骨ラーメン、そして回転寿司だ。
豚骨ラーメンも、以前なら、スープだけ豚骨で、麺は韓国でおなじみの縮れ麺、しかも微妙にスパイシーな味だったが、今では日本と同じような麺で味もマイルド、という感じ。この冬は季節限定でカキフライもよく見かけた。
また、日本風の居酒屋も、韓国には多い。スタッフは軒並み韓国人だが、メニューを見ると、冷奴や納豆、枝豆など、日本をかなり意識しているのがうかがえる。今回、焼き鳥屋に入ってみたが、ねぎまや皮、砂肝など、日本でもおなじみの焼き鳥がズラリ。それに加え、ネギの代わりに餅が挟まった「モチマ」という、韓国らしいメニューも。ビールも「アサヒスーパードライ」などを提供するなど、こだわりが感じられた。なお、価格は日本よりもやや高め。
韓国に来てわざわざ日本食を食べるのも妙だが、滞在が長くなった際など、ふと食べたくなった時に、フードコートで、1人でも気軽に食べられるのはやはりありがたいと、つくづく。
IMG_5423
(Written by AS)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【韓国リポート】 韓国版トランスフォーマー「TOBOT」が実際に立っていた!
【韓国リポート】 韓国の「丸亀製麺」に行ってみた 日本と違うアレコレ
【韓国リポート】”LINE”はイマイチ?韓国の通話アプリの意外な事情

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。