ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

深い緑色の抹茶ビールは苦心の末に開発。夜空の下のビアガーデンでお茶料理と一緒に健康的なビールを味わおう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「GREEN TEA RESTAURANT 1899(いち・はち・きゅう・きゅう) OCHANOMIZU」は、6月1日~9月30日に「抹茶ビアガーデン」をオープンする。

「抹茶ビアガーデン」は、新作の黒ビール、ノンアルなど3種の”抹茶ビール”が飲み放題のビアガーデンだ。抹茶ビールとは、GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZUのディナータイムで一番人気のアルコールドリンク。

見た目は青汁のようにもみえる深い緑色の抹茶ビールは、開発に苦労して作られたビール。ビールと抹茶を合わせることに苦心し、やっと出来上がった。ビールのほろ苦さと抹茶の苦味が合う、ビールのネガティヴな香りが抹茶の香りで包まれ、確かに抹茶を感じることができるという新しい美味しさだ。

お茶にはカテキンやテアニン、ビタミンCなど良い成分が含まれているので、ビールをそのまま飲むより身体によいとのこと。

抹茶が入ったビールは、「1899抹茶ビール」「抹茶黒ビール」「ノンアル抹茶ビール」の3種類。その他にも、生ビール、黒ビール、ハーフ&ハーフ、ノンアルコールビール、瓶ビールがメニューには揃う。

料理は5種のお茶料理が楽しめるセットメニューや、抹茶ぽてとサラダ、抹茶風味のお茶の水豆腐サラダ、茶蕎麦、1899手作りプリン 抹茶蜜がけなどお茶を使った料理がたくさん揃う。
ディナータイムは17:00~23:00(L.O.22:00)で、価格は3780円(税込)。

最近ニュースでお茶をたくさん飲んでいる人は健康によいというデータが発表されたが、色とりどりの6種のビールを夏の夜空の下で飲み比べるのも、健康によさそうだ。話題のお茶の入った抹茶ビールを飲みに行ってみよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。