ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

火野正平 いい演技も見た目も人は飽きる、役者は商品なんだ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 俗に子役は大成しないと言われる。子役出身の俳優、火野正平も子役から大人の俳優になるにあたっては壁にぶつかった。NHK大河ドラマに出演するにあたり現在の芸名に改名し人気者となり、現在も活躍を続けている。いい演技と人気について火野が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の連載『役者は言葉でできている』からお届けする。

 * * *
 火野正平の出世作となったのは1973年のNHK大河ドラマ『国盗り物語』だ。本作で火野は木下藤吉郎に扮した。この時、池波正太郎の命名で「火野正平」を名乗ることになる。

「近藤正臣さんが関西から出てきて星野事務所という小さなプロダクションに入ったんだけど、その後で俺も入ったんだ。それで正臣さんが『国盗り』の明智光秀役に決まった時、星野さんが『ウチにはサルもいます』と、俺をNHKに連れていってね。その時、NHKは他の人を考えていたらしいんだけど、結局俺に決まったという。

 名前はNHKに変えるように言われたんだよ。向こうとしては『太閤記』で緒形拳さんが秀吉やったら無名だったのが大きな俳優になったというのがあったから、そういうのを狙っていたんだ。本名の二瓶康一だと実績があるから、名前を変えることになった。まあ、俺としては名前なんてどうでもいいから。

 プレッシャーはあったよ。大河ドラマだから、多分ビビったんだろうけど。あれはスタジオ撮影に入る前だったと思うんだけど、ロケーション部分を先に撮りにいくんだよ。その時、正臣さんと同じ部屋になって『これ、どうしてやったらええんやろな』と聞いたら『あのな、役者の命は感性や。何も考えんと、お前の感じた通りにやれ』って。その一言で凄く気が楽になったのを覚えているよ。

 人間臭い秀吉になったと思うけど、俺は台本の通りにやっただけだよ。流れるままよ。台本が命だから」

 一躍人気者となった火野だが、その後はキャリアのほとんどを脇役として過ごしてきた。

「人気というのは一過性だと思っているから、それに乗ったらいかんというのはある。それと、アッという間にスキャンダラスな俳優になっちゃったからね。

 人の評価に乗らないように、というのは今でもあるな。そうやっていかんと、この世界は生きていけんよ。だって俺が『絶対に良かった』と思っても誰も評価しないということもあるし、『大したことねえや』というのに『よかった』と言われて『何を言ってるんだ。知らんくせに』と思うこともあるからね。

 役者というのは需要があって初めてできる商売なんだよね。需要がないとしたら、自分が悪いんだよ。結局は自己責任。

 いい演技も、いい見た目も、十年も見続けたら人は飽きる。だから、そうならない商品でなければいけないとは常に思っているよ。役者は商品なんだ。

 いい商品であり続けるには、どうしたらいいか。それは、いい芝居をすればいいということではないと思う。いい芝居も十回見たら『くさっ』と思われるからね。でも、何かサムシングがあれば、人はまた見たがってくれるんじゃないかな。せめて、精神的にはそうありたい。それでダメならしゃあないわ。

 そうやって偉そうに言っていても、俺も来年にはいなくなっちゃうかもしれないし。若い頃には『俺には二十一世紀は来んやろ』と思っていたからね。それが、アッという間に五十代を過ぎた。結局は、運だよ」

■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(ともに文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2015年6月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
火野正平に憧れおじさん スキンヘッドでママチャリ乗り回す
火野正平 NHK『にっぽん横断』で出会った忘れられない味
火野正平 芝居のときその女優がいい女に見えなきゃ嫌なのさ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP