体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪・千里ニュータウンで進む団地の建て替え最新事情

大阪・千里ニュータウンで進む団地の建て替え最新事情

築50年前後の古い集合住宅とどう向き合っていくのか。建て替えには多くの時間とお金、手間もかかりなかなか前に進まないことも多い。しかし、日本初の大規模住宅都市として1962年にまちびらきが行われた大阪・千里ニュータウンでは多くの団地が建て替えられている。その現状をレポートしよう。
まちびらきから半世紀。日本初のニュータウンで急速に進む、団地の建て替え

冒頭の写真は千里ニュータウンの一角にある阪急千里線・南千里駅の真横で建設が進められている分譲マンションと、すでに完成した建て替えマンション群。駅のホームからも見える真新しいマンションは、ほとんどが建て替えによって誕生した建物だ。

また、隣の山田駅では、駅に隣接した5階建て団地型社宅の取り壊しが始まった。ここ数年、無人のまま放置されていたのだが、いよいよ計画が決まり工事が始まったようで、跡地には14階建て2棟の大型分譲マンションが建設される。

筆者は千里ニュータウンの一角に住み始めて10年あまり経つが、特にこの数年間で街並みが大きく変化していることに驚いている。いわゆる「団地」とよばれるハコ型の集合住宅がかなりのスピードで建て替えられているのだ。そこで、街をまわりながらその実態を調べてみることにした。

【画像1】取り壊し前(左)と、工事が始まった団地型社宅(右)。阪急千里線山田駅に隣接した立地で、14階建てマンションとなる計画だ(写真撮影:井村幸治)

【画像1】取り壊し前(左)と、工事が始まった団地型社宅(右)。阪急千里線山田駅に隣接した立地で、14階建てマンションとなる計画だ(写真撮影:井村幸治)

最初に訪れたのは阪急千里線南千里駅前、「南地区センター」の再開発によって建てられた「千里ニュータウンプラザ」。この建物は吹田市の出張所や図書館、市民ホール、郵便局などが入居する複合施設だが、吹田市立千里ニュータウン情報館も入居している。

【画像2】千里ニュータウンプラザ(左)と、阪急千里線南千里駅前で進められているマンション建設。公共施設の移転・再開発によって生まれた土地を再利用している。南千里もこの数年で大きく変貌したエリアでもある(写真撮影:井村幸治)

【画像2】千里ニュータウンプラザ(左)と、阪急千里線南千里駅前で進められているマンション建設。公共施設の移転・再開発によって生まれた土地を再利用している。南千里もこの数年で大きく変貌したエリアでもある(写真撮影:井村幸治)すでに1万戸近い集合住宅が建て替えによって誕生!

建て替えの実態を把握するために、千里ニュータウン情報館でいただいた住宅マップをベースにして、住宅のタイプ別に最新の状況を色分けしてみた。

1)分譲型団地住宅の建て替え(マップ赤色部分)
分譲型団地住宅の建て替え。所有権者の合意形成によって建て替えが行われるケースで、主要駅の近隣を中心に大規模な物件も多いことが分かる。ニュータウン内だけでも10件以上の団地が新しいマンションとなって生まれ変わっている。

2)公的賃貸住宅の建て替え(マップ紺色部分)
OPH(大阪府住宅供給公社)や大阪府営の賃貸住宅団地の建て替え。敷地の一部を民間デベロッパーなどに売却し、その資金を活用して建て替えているケースも多い。OPHは千里ニュータウン内の建て替え計画がほぼ完了し、大阪府営住宅でも多くの事業が進行中。

3)社宅、官舎、公共施設などの建て替え(マップ水色部分)
社宅や寮、公共施設や商業施設などの建て替えによってマンションが建設されているところ。所有企業や官公庁、自治体が自ら建て替え事業を行うケースもあれば、土地を売却して新たに分譲マンションなどが建設されるケースもある。

【図1】千里ニュータウン再生連絡協議会が2013年に作成したマップを元に、筆者が加筆して作成 ※筆者の独自調査なので、間違いなどがあれば訂正いたします
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。